Innovation Realized

未知の考え方を有意義な行動へと昇華させることができるように工夫された、ほかにはないサミット。

特集 Innovation Realized 2019 highlights

避けられないトランスフォーメーションを乗り切る

現状の課題を解決し、次の課題を探り、さらにその先を思い描く。

Innovation Realizedは、超流動的な今後を見通す窓、すなわち、現状維持の考え方を打破する国境を越えたサミットです。

この超流動的な今後の社会で勝ち抜くことができるのは、複雑さを増す環境とグローバル化が進むこれからを乗り切り、信頼を構築し、成長を推進して、ハイパーコネクテッド企業で働く人材の可能性を引き出すことができる人々です。

人間中心主義テクノロジーの加速的進化大規模なイノベーションから生まれた長期的価値創造の新たなパラダイムでは、現在の価値を守りながら、今後のシナリオに向けた戦略を策定することが求められます。

現状の課題を解決し、次の課題を探り、さらにその先を思い描く洞察やハイライトを通して、Innovation Realizedがどのようなものか、詳細をご確認ください。

Innovation Realizedに登録する

Innovation Realizedへの招待状を受け取った方は、イベント専用ウェブサイトで登録し、飛行機やホテルなどの予約を済ませ、アジェンダと講演者について事前にご確認ください。

登録はこちらから

    最新情報を入手してください

    2020年のサミットについて、さまざまな洞察や現状など、最新情報をお届けします(英語版のみ)。

    登録する

    Innovation Realized 2019のハイライト

    ボストンで開かれた2019年サミットのハイライト、インタビュー、ディスカッションの様子をご覧ください。

    詳しく知る(英語版のみ)

    Innovation Realized auidence design test display

    サミットについて

    シルク・ドゥ・ソレイユとシドリー社から資金提供を受け、EYがC2と共同で立ち上げた年1回開催のInnovation Realized Summitは、さらにその先の未来を思い描くことができるよう、ほかでは見られない壮大で多感覚的な環境を提供する場です。

    詳しく知る

    Innovation Realized 2019で明らかになった新たなトレンドとテクノロジー

    私たちの現在の暮らしについて考えてみます。ライドシェアアプリから音楽ストリーミングに至るまで、私たちの暮らしを形作っているのは、ディスラプティブイノベーション(創造的破壊をもたらすイノベーション)という日常的な奇跡です。

    次は、次に取り組むべき課題について考えてみましょう。企業は、今後迫りくるディスラプションの全容を突き止め、これに備えることにかつてないほど時間を費やしています。例としては、ビッグデータ、アナリティクス、アルゴリズム、スマートデバイスなどです。

    では、さらにその先はどうなるのでしょうか?Innovation Realized 2019では、長期的に見たときに、業界を再構築し、企業のあり方を変え、消費者体験を刷新する可能性がある破壊的(ディスラプティブ)なトレンドについて、興味をかき立てるような洞察が未来学者とプロフェッショナルから発表されました。ここでは、テクノロジー、人口動態、グローバル化が相まって、どのように「その先」を形作るのか、その例をいくつかご紹介します。

    新しいトレンドとテクノロジーについては、以下のギャラリーをご覧ください。

    VRゴーグルでキッチンを仮想体験する少女

    電池技術が進歩して、VRデバイスがワイヤレス化されれば、リテール体験、医療サービス、不動産マーケティングだけでなく、家族と過ごす時間にもVRが利用され、その充実が図られることになるはずです。