CEOが直面する喫緊の課題 :逆境を成長への足がかりにできるか

CEOが直面する喫緊の課題 :逆境を成長への足がかりにできるか

    長期的価値(Long-term value)

    Building a better working world ~より良い社会の構築を目指して

    長期的な視点とグローバルな知見を基に、日本、および日系企業が世界を変える原動力となり、次世代につなぐグローバルスタンダードを形成し、新しく豊かで先進的な社会を構築することがEYのパーパス(存在意義)であり、クライアント企業とともに社会の課題解決を目指します。

    2021年12月27日 貴田 守亮

    パーパス(存在意義)

    パーパスを実現する4つの方法

    企業パーパスを情熱から行動へと移すには

    2020年11月10日 Monica Dimitracopoulos

    Future consumer index

    新しいノーマルを形成しようと前進する消費者にとって欠かせない存在になる

    世界的なパンデミックの収束のめどは立っていませんが、EYの最新のFuture Consumer Indexによると、消費者は前に進もうとしています。

    2022年1月11日 Kristina Rogers

    サステナビリティ

    EY、気候変動対策におけるキャッシュおよび税の支出バロメーターを発表

    EY気候変動対策におけるキャッシュおよび税の支出バロメーターは、気候変動対策を推進する政府や企業の支出に関する調査書です。

    2021年12月17日 関谷 浩一

    地政学戦略

    CEOが直面する喫緊の課題:政治リスクを戦略的優先課題としているか

    EY Geostrategy in Practice 2021の調査結果から、政治リスクがビジネス上の課題をもたらしていることが判明しています。ここでは、積極的にリスクを管理することでいかに成長を促すことができるかについて考察します。

    2021年11月8日 Oliver Jones

    CEOアジェンダ


    最高経営責任者が戦略を見直し、ビジネストランスフォーメーションの中心に人を据え、全てのステークホルダーに長期的価値をもたらすことに注力する方法をご紹介します。

    詳しく知る

     

    『EYメガトレンドレポート』最新号の日本語版を公開

    今後来る「新時代」とその先に向けて、企業はどのようなアプローチで戦略策定に取り組み長期的価値を創造していくべきか ー 未来像から逆算して今取り組むべきことを顕在化させるバックキャスティング・アプローチが企業戦略の策定に有効です。
    長期的な成長と発展に向けた戦略立案に本レポートをご活用ください。

    詳しく知る