宇宙・衛星データを活用した新しい資産管理とは?

宇宙・衛星データを活用した新しい資産管理とは?

インサイト

#BetterQuestions より良い社会の構築を目指して
Skip
スワイプしてみつける
ストーリーの続きを読む
ケーススタディ
The better the question. The better the answer. The better the world works.
ケーススタディ

協和キリンのグローバル戦略に付加価値を生み出す国際税務のワンシステムとは

日本発のグローバル・スペシャリティファーマである協和キリン株式会社(以下、協和キリン)が課題としていた国際税務の効果的な管理運用。EYは世界各国に展開する拠点の税務をワンシステムで管理するプロジェクトに構想段階から伴走し、世界に一つしかないシステムを実現させました。

ケーススタディ
The better the question. The better the answer. The better the world works.
ケーススタディ

グローバルなビジネス成長と税務ガバナンスを両立させる方法とは?

協和キリンは2018年のグローバル戦略品の発売から、国内外に広くバリューチェーンを展開する急速なグローバル成長に伴い、国際税務の管理業務が拡大。アンメット・メディカルニーズ(未充足の医療ニーズ)を満たす医薬品を患者さんへ届けるべく事業を推進したい同社にとって、無視できない課題となっていました。

[an error occurred while processing this directive]
グローバルなビジネス成長と税務ガバナンスを両立させる方法とは?
ケーススタディ
The better the question. The better the answer. The better the world works.
ケーススタディ

ワンシステムでオペレーションを一元化。工数削減だけではなく経営管理全体に有効なシステムを実現

クロスボーダー取引の全てを整理することから取り組み、今までどこにも存在しなかったオンリーワンのシステムを作り上げ、経営戦略に活用しています。

[an error occurred while processing this directive]
ワンシステムでオペレーションを一元化。工数削減だけではなく経営管理全体に有効なシステムを実現
ケーススタディ
The better the question. The better the answer. The better the world works.
ケーススタディ

協和キリンのグローバルビジネス全体を網羅的に管理できる最終形を目指す

プロジェクトにより協和キリンは、拡大するグローバルビジネス管理と、さらに税務ガバナンスのリソースを圧縮し、全体コストを最適化。その分を同社の理念であるLife-changingな価値の実現につなげる情報基盤を確立しました。

[an error occurred while processing this directive]
協和キリンのグローバルビジネス全体を網羅的に管理できる最終形を目指す

EY Japan 統合報告書 2023

「人」から始まる価値創造 その先にひろがる未来とは?

目まぐるしい変化の中で人々の価値観や社会の仕組みが大きく変容しても、私たちは明確なパーパスの下、グローバルに団結し、社会にポジティブな影響をもたらすことのできる存在であり続けるよう、努⼒していきます。
 

詳細ページへ

 

EY.ai ― 統合型プラットフォーム(人工知能サービス)

EY.ai ― 統合型プラットフォーム(人工知能サービス)

EY.aiは、戦略・実⾏、M&A、リスク管理、監査、税務などにおける豊富な実績と最先端のテクノロジーやAIの知⾒を活⽤し、AIに対する信頼を構築し、⾶躍的な価値の創造と可能性の拡⼤をサポートします。

詳細ページへ

イベント・セミナー

有価証券報告書におけるサステナビリティ情報開示のポイント解説

金融庁企業開示課の担当官をお招きし、「記述情報の開示の好事例集2023」(サステナビリティに関する考え方及び取組の開示)における好開示のポイントや、有価証券報告書レビューで識別されたサステナビリティ情報等の開示の課題及び課題対応にあたり参考となる開示例についてお話しいただきます。加えて、EYよりわが国におけるサステナビリティ情報開示の動向についても解説いたします。2024年3月期以降の有価証券報告書におけるサステナビリティ情報開示の取組みにお役立てください。

主観の覚醒による組織文化の変革アプローチ

多くの企業が直面するイノベーションやDE&I、不正リスク管理などの課題に対して、組織文化や社員の価値観・行動の側面からアプローチするための要諦をご紹介します。

脱炭素社会に向けた金融業界の取り組みとは/サステナブルファイナンスの最新動向

金融セクターが脱炭素移行を含むサステナビリティの実現において果たす役割について、GFANZと機関投資家をお招きし、パネルディスカッション形式で取り組みや課題について議論します。

EY Japan イベント・セミナー

EY Japan では、アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクション、業種別などに関するさまざまなイベント・セミナーを開催しております。

イベント・セミナー一覧へ

 

戦略、トランザクション、トランスフォーメーション

戦略、トランザクション、トランスフォーメーション、テクノロジーを従来とは異なるアプローチで統合することにより、EYはお客様の目標達成を支援します。

詳細ページへ

サステナビリティ

サステナビリティはすべての人の関心事です。サステナビリティへの取り組み方を変え、価値を守り、価値の新しい源を創出する方法について、EYの見解をご紹介します。

詳細ページへ

EY Japan のサービス

アシュアランス

全国に拠点を持ち、日本最大規模の人員を擁する監査法人が、監査および保証業務をはじめ、各種財務関連アドバイザリーサービスなどを提供しています。

詳細ページへ

 

税務

日本国内外の企業・個人に対して、税務アドバイザリーおよび税務コンプライアンスにおいて、EYの豊富な実績とテクノロジーを最大限に活用し、クライアントの期待に応えるサービス提供を心掛けています。

詳細ページへ

 

コンサルティング

クライアントの皆さまが変革の時代(Transformative Age)にもさらなる飛躍を目指し成長し続けられるよう、EYの優れた連携力を持つコンサルタントが支援します。

詳細ページへ

 

ストラテジー・アンド・トランザクション

戦略(EYパルテノン)、買収・合併(統合)・セパレーション、パフォーマンスの再構築、コーポレート・ファイナンスに関連した経営課題を独自のソリューションを活用し、企業成長を支援します。

詳細ページへ

 

EY Japan Assurance Hub

EY Japan Assurance Hub

時代とともに進化する財務・経理に携わり、財務情報のみならず、非財務情報も統合し、企業の持続的成長のかじ取りに貢献するバリュークリエーターの皆さまにお届けする情報ページ

詳細ページへ

 

メールで受け取る

EY Japanが発行する各種メールマガジンで最新情報をご覧ください。

登録する

ニュースリリース

EY新日本、環境省のネットゼロ実現に向けた金融機関対象のガイダンス作成を支援

EYのメンバーファームであるEY新日本有限責任監査法人(東京都千代田区、理事長:片倉 正美、以下:EY新日本)は、環境省による「ポートフォリオ・カーボン分析を起点とした金融機関向け移行戦略策定ガイダンス」の作成を支援し、本ガイダンスとして環境省から3月29日に公表されたことをお知らせします。

2024年4月11日 東京 JP

EY調査、企業はグローバルな税制改革が二重課税を招くことを懸念

EYは、最新のM&Aに関する調査レポート「EY CEO Outlook Pulse survey」を発表しました。世界21カ国1,200人のCEOを対象に四半期ごとに行われる本調査は、今回は主に、企業の将来の見通し、課題、ビジネスチャンスなどに関する分析結果をまとめています。

2024年4月10日 東京 JP

EY Japan、京都大学経営管理大学院にて「パーパス経営」の寄附講義を2年連続で開講

EY Japan(東京都千代田区、チェアパーソン 兼 CEO 貴田 守亮)は、京都大学経営管理大学院(キャンパス:京都府京都市、大学院長:澤邉 紀生)において2024年度前期(2024年4月から7月)の寄附講義「パーパス経営(Purpose driven Corporate Management)」(全15回)を開講することをお知らせします。

2024年4月10日 東京 JP

中国地方の起業家育成を目的としたアクセラレータープログラムの受賞者を発表

EY Japan(東京都千代田区、チェアパーソン 兼 CEO 貴田 守亮)は、2024年3月28日(木)に開催された中国地方の起業家育成を目的としたアクセラレータープログラムの最終発表会(ピッチイベント)において、Innovation賞は株式会社ハイドロヴィーナス 上田 剛慈 氏、Social Impact賞はプラチナバイオ株式会社 奥原 啓輔 氏、Entrepreneurship賞はナオライ株式会社 三宅 紘一郎 氏が選出されたことをお知らせします。

2024年4月9日 東京 JP

EY弁護士法人の新代表弁護士に松田暖が就任

EY弁護士法人(本社:東京都千代田区)は、代表弁護士(マネージングパートナー)である木内潤三郎が退任し、その後任として松田暖(まつだ だん)が、2024年4月1日付で同職に就任したことをお知らせします。

2024年4月1日 東京 JP

EY Japan株式会社、「えるぼし」の3つ星認定を取得

EY Japan株式会社(東京都千代田区、代表取締役 石橋 宜忠)は、2024年3月に、女性活躍推進の取り組みに対する優良企業認定「えるぼし」の最上位である3つ星認定を取得したことをお知らせいたします。

2024年3月26日

EY Japanにおける組織体制変更のお知らせ

EY Japan(チェアパーソン 兼 CEO 貴田 守亮)は、2024年7月1日付で、組織体制の変更を行うことをお知らせします。

2024年3月25日

EY Japan、経済安全保障推進法への対応およびサプライチェーン戦略策定を支援するサービスを強化

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社は、2024年5月に運用が始まる経済安全保障推進法に基づく「基幹インフラ役務の安定的な供給の確保に関する制度に対応する事業者の事前審査」を支援するサービスを提供しています。この度、サービスを強化し、インフラ事業者の委託先となる重要設備や重要維持管理の供給者による必要な制度対応、および、サプライチェーン戦略策定を支援するコンサルティングサービスを提供します。

2024年3月25日

EY Japan LTVビジョン

EY Japanは長期的価値(Long-term value、LTV)創造の実現に向け、クライアント、経済社会、自社における活動方針を定め、KPIを開示しています。
社会の範となるべく、持続可能な企業市民の在り方を自ら追求するとともに、ステークホルダーの皆さまと伴走して変革を呼び起こし、次世代につながるより良い社会を持続的に構築していきます。

詳細ページへ

 

 

Woman standing alone in a cenote in Mexico

今日実現させた価値を通じて明日を築くには?

EY Value Realized 2023は、EYの年次報告書です。私たちのステークホルダーであるEYのメンバー、クライアント、そして社会にEYがもたらしている⻑期的価値についてまとめています。

EY Value Realized 2023 を読む

サステナビリティ

企業が直面しているサステナビリティとESGの主要課題に関するEYのグローバルな見解をご紹介します。

詳細ページへ

 

ダイバーシティ、エクイティ&インクルーシブネス(DE&I)
- EY Japanの取り組み

EY Japanは、より良い社会の構築を目指して、一人一人の能力を最大限に引き出し、魅力ある職場づくりに取り組んでいます。

詳細ページへ

Staff at event

採用情報

EYには世界150カ国、約30万人のプロフェッショナルがいます。
私たちのパーパスであるBuilding a better working worldの実現に向け、EYのメンバーとして共に成長しませんか?

EYで働く

EY Japan ライブラリー

EY Japan が発行する出版物・刊行物・各種レポートをご案内いたします。

EY Japan ライブラリーへ