最新テクノロジーの導入により変革を実現するには

未来を再構築する。折り紙のデジタル蝶々

インサイト

#BetterQuestions より良い社会の構築を目指して
Skip
スワイプしてみつける
ストーリーの続きを読む
ケーススタディ
The better the question. The better the answer. The better the world works.
ケーススタディ

協和キリンのグローバル戦略に付加価値を生み出す国際税務のワンシステムとは

日本発のグローバル・スペシャリティファーマである協和キリン株式会社(以下、協和キリン)が課題としていた国際税務の効果的な管理運用。EYは世界各国に展開する拠点の税務をワンシステムで管理するプロジェクトに構想段階から伴走し、世界に一つしかないシステムを実現させました。

ケーススタディ
The better the question. The better the answer. The better the world works.
ケーススタディ

グローバルなビジネス成長と税務ガバナンスを両立させる方法とは?

協和キリンは2018年のグローバル戦略品の発売から、国内外に広くバリューチェーンを展開する急速なグローバル成長に伴い、国際税務の管理業務が拡大。アンメット・メディカルニーズ(未充足の医療ニーズ)を満たす医薬品を患者さんへ届けるべく事業を推進したい同社にとって、無視できない課題となっていました。

[an error occurred while processing this directive]
グローバルなビジネス成長と税務ガバナンスを両立させる方法とは?
ケーススタディ
The better the question. The better the answer. The better the world works.
ケーススタディ

ワンシステムでオペレーションを一元化。工数削減だけではなく経営管理全体に有効なシステムを実現

クロスボーダー取引の全てを整理することから取り組み、今までどこにも存在しなかったオンリーワンのシステムを作り上げ、経営戦略に活用しています。

[an error occurred while processing this directive]
ワンシステムでオペレーションを一元化。工数削減だけではなく経営管理全体に有効なシステムを実現
ケーススタディ
The better the question. The better the answer. The better the world works.
ケーススタディ

協和キリンのグローバルビジネス全体を網羅的に管理できる最終形を目指す

プロジェクトにより協和キリンは、拡大するグローバルビジネス管理と、さらに税務ガバナンスのリソースを圧縮し、全体コストを最適化。その分を同社の理念であるLife-changingな価値の実現につなげる情報基盤を確立しました。

[an error occurred while processing this directive]
協和キリンのグローバルビジネス全体を網羅的に管理できる最終形を目指す

EY Japan 統合報告書 2023

「人」から始まる価値創造 その先にひろがる未来とは?

目まぐるしい変化の中で人々の価値観や社会の仕組みが大きく変容しても、私たちは明確なパーパスの下、グローバルに団結し、社会にポジティブな影響をもたらすことのできる存在であり続けるよう、努⼒していきます。
 

詳細ページへ

 

EY.ai ― 統合型プラットフォーム(人工知能サービス)

EY.ai ― 統合型プラットフォーム(人工知能サービス)

EY.aiは、戦略・実⾏、M&A、リスク管理、監査、税務などにおける豊富な実績と最先端のテクノロジーやAIの知⾒を活⽤し、AIに対する信頼を構築し、⾶躍的な価値の創造と可能性の拡⼤をサポートします。

詳細ページへ

イベント・セミナー

BEPS2.0 グローバルミニマム課税の税務DX対応

EY GlobalおよびEY税理士法人ではグローバルミニマム課税制度へのDX対応を推進しており、企業の多様なニーズに対応する豊富な効率化のオプションをご案内します。

労働人口減少社会に備えた「これからのファイナンス組織の在り方(Future of Finance)」

少子高齢化等により人材リソース確保が難しくなる中で、開示やコンプライアンス対応への社会的要請は高まっており、ファイナンス組織にかかる負荷は増大する一方です。そうした中、限られた自社リソースで運営可能なリーンかつサステナブルな組織運営を目指すことが重要な要素となります。 本セミナーでは、企業を取り巻く環境変化に対し、課題解決のアプローチや他社取り組み事例のご紹介と、生成AI等の先進技術を踏まえたファイナンス組織の将来像についてご説明いたします。

生成AI2.0時代の到来 ~AIとの協働の時代に我々はどうするべきか~

ビジネスの現場では猫も杓子(しゃくし)も生成AIの時代。しかし、大きな価値の獲得に至った事例はまだ乏しいのが現状です。一方で、AI自体の進化は止まりません。次世代につながる生成AI2.0時代が到来しようとしています。人はAIとどのようにして“協働”するべきか。本セミナーでは“AIとの協働”にフォーカスを当て、生成AI2.0時代へ向き合い方に言及します。

EY Japan イベント・セミナー

EY Japan では、アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクション、業種別などに関するさまざまなイベント・セミナーを開催しております。

イベント・セミナー一覧へ

 

戦略、トランザクション、トランスフォーメーション

戦略、トランザクション、トランスフォーメーション、テクノロジーを従来とは異なるアプローチで統合することにより、EYはお客様の目標達成を支援します。

詳細ページへ

サステナビリティ

サステナビリティはすべての人の関心事です。サステナビリティへの取り組み方を変え、価値を守り、価値の新しい源を創出する方法について、EYの見解をご紹介します。

詳細ページへ

EY Japan のサービス

アシュアランス

全国に拠点を持ち、日本最大規模の人員を擁する監査法人が、監査および保証業務をはじめ、各種財務関連アドバイザリーサービスなどを提供しています。

詳細ページへ

 

税務

日本国内外の企業・個人に対して、税務アドバイザリーおよび税務コンプライアンスにおいて、EYの豊富な実績とテクノロジーを最大限に活用し、クライアントの期待に応えるサービス提供を心掛けています。

詳細ページへ

 

コンサルティング

クライアントの皆さまが変革の時代(Transformative Age)にもさらなる飛躍を目指し成長し続けられるよう、EYの優れた連携力を持つコンサルタントが支援します。

詳細ページへ

 

ストラテジー・アンド・トランザクション

戦略(EYパルテノン)、買収・合併(統合)・セパレーション、パフォーマンスの再構築、コーポレート・ファイナンスに関連した経営課題を独自のソリューションを活用し、企業成長を支援します。

詳細ページへ

 

EY Japan Assurance Hub

EY Japan Assurance Hub

時代とともに進化する財務・経理に携わり、財務情報のみならず、非財務情報も統合し、企業の持続的成長のかじ取りに貢献するバリュークリエーターの皆さまにお届けする情報ページ

詳細ページへ

 

メールで受け取る

EY Japanが発行する各種メールマガジンで最新情報をご覧ください。

登録する

ニュースリリース

EY調査、世界のIPOトップ地域が入れ替わり

EYは、2024年第1四半期のIPOに関する調査結果を発表したことをお知らせします。今年のIPO市場は慎重ながらも前向きなスタートを切りましたが、その後、静かな時期を経て、一部で活動再開の兆しが見られました。

2024年5月22日 東京 JP

EY Japan、日経WOMANの「女性が活躍する会社BEST100」において総合7位に選出

EY Japan(東京都千代田区、チェアパーソン 兼 CEO 貴田 守亮)は、女性社員の活躍を推進している企業を認定する「日経WOMAN」(発行:日経BP社)の「女性が活躍する会社BEST100」において、回答企業479社の中で総合第7位に選出されました。昨年度より1ランク上昇し、2年連続のトップ10入りになります。

2024年5月8日 東京 JP

EY調査、4人に1人はオンラインで自動車を購入、ただしEVへの移行には販売店が不可欠 ― EY Mobility Consumer Index

自動車購入者はオンラインで購入を済ませる可能性がこれまで以上に高まっており、回答者の25%が自動車メーカーまたは第三者のウエブサイトからの購入を検討しています。同時に、販売店での購入の希望者は61%に上昇し、残りの調査対象者は未定と回答しました。

2024年5月7日 東京 JP

EY調査、企業は生成AIの段階的導入を支持 ― 知識ギャップの対処に向けて

最新のEYの調査「EY Reimagining Industry Futures Study (産業の未来図を再構築するための調査)」では、生成AIが画期的なテクノロジーとしての地位を確立しており、調査対象となった1,405社の企業のうち43%が生成AIに投資しています。

2024年4月30日 東京 JP

EY Japan、「DX支援ガイダンス」と「中堅・中小企業等向け 『デジタルガバナンス・コード』実践の手引き」の策定・改訂を支援

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:近藤 聡)は、中堅・中小企業におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)の推進を目的に経済産業省が公表した「DX支援ガイダンス-デジタル化から始める中堅・中小企業等の伴走支援アプローチ-」の策定および「中堅・中小企業等向け『デジタルガバナンス・コード』実践の手引き」の改訂を支援しました。

2024年4月26日 東京 JP

人口減少時代の水道料金はどうなるのか?(2024版)を発表

EYJapan(チェアパーソン 兼 CEO 貴田 守亮)と一般社団法人 水の安全保障戦略機構(代表理事:竹村 公太郎) は、3年ぶり4回目の共同研究結果である「人口減少時代の水道料金はどうなるのか?」(2024版)を発表します。

2024年4月24日

EY Japan、鎌倉市の新たなセミオンデマンド式交通システム運行に向けて支援

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:近藤 聡)は、鎌倉市の交通不便地域における新たな交通システムの導入において、その利用促進に向けた施策と、実証実験の概要および体制をまとめました。これにより、鎌倉市は今後、新たな交通システム導入に向けた実証実験の実施が可能となる見込みです。

2024年4月15日

EY Japan、一橋大学大学院 経営管理研究科にて 「サステナビリティ経営」の寄附講義を2023年度に引き続き2024年度も開講

EY Japan(東京都千代田区、チェアパーソン 兼 CEO 貴田 守亮)は、2024年度春夏学期(2024年4月~2024年7月)に、一橋大学(キャンパス:東京都国立市、学長:中野 聡)大学院 経営管理研究科(一橋ビジネススクール)経営管理専攻ならびに商学部において、寄附講義「サステナビリティ経営(Sustainability Management)」を開講することをお知らせします。

2024年4月15日

EY Japan LTVビジョン

EY Japanは長期的価値(Long-term value、LTV)創造の実現に向け、クライアント、経済社会、自社における活動方針を定め、KPIを開示しています。
社会の範となるべく、持続可能な企業市民の在り方を自ら追求するとともに、ステークホルダーの皆さまと伴走して変革を呼び起こし、次世代につながるより良い社会を持続的に構築していきます。

詳細ページへ

 

 

Woman standing alone in a cenote in Mexico

今日実現させた価値を通じて明日を築くには?

EY Value Realized 2023は、EYの年次報告書です。私たちのステークホルダーであるEYのメンバー、クライアント、そして社会にEYがもたらしている⻑期的価値についてまとめています。

EY Value Realized 2023 を読む

サステナビリティ

企業が直面しているサステナビリティとESGの主要課題に関するEYのグローバルな見解をご紹介します。

詳細ページへ

 

ダイバーシティ、エクイティ&インクルーシブネス(DE&I)
- EY Japanの取り組み

EY Japanは、より良い社会の構築を目指して、一人一人の能力を最大限に引き出し、魅力ある職場づくりに取り組んでいます。

詳細ページへ

Staff at event

採用情報

EYには世界150カ国、約30万人のプロフェッショナルがいます。
私たちのパーパスであるBuilding a better working worldの実現に向け、EYのメンバーとして共に成長しませんか?

EYで働く

EY Japan ライブラリー

EY Japan が発行する出版物・刊行物・各種レポートをご案内いたします。

EY Japan ライブラリーへ