EY Digital Audit

EY Digital Auditは、さまざまなデータと先端のテクノロジーを活⽤することで、より効率的で深度ある監査を提供します。

お問い合わせ

EY Digital Audit については

監査のプロフェッショナルにお問い合わせください。

不確実な時代に確実性をもたらす高品質な監査とは

9 分 2022年7月13日

情報センサー記事のご紹介

「デジタル&イノベーション」に関する過去の記事は、情報センサーをご覧ください。
「情報センサー」は EY新日本有限責任監査法人が毎月発行している定期刊行物です。国内外の企業会計、税務、各種アドバイザリーに関する専門的情報を掲載しています。「情報センサー」について詳しくは、こちらをご覧ください。

EY新日本の目指すAssurance4.0

監査法人のDX

監査法人のDX ~監査業務及び分析手法の変革

監査法人のDXの最終回となる本稿では、変化する環境に応じた当法人の監査業務および分析手法の変革に向けた取り組みについて、EYが進める監査のデジタルトランスフォーメーションである「EY Digital Audit」の観点から説明します。(情報センサー 2021年12月号)

監査法人のDX ~組織とヒトの変革の先にあるサービスの変革

当法人ではデジタルとトランスフォーメーションの両面から監査法人のDXを進めており、本稿では、トランスフォーメーション(イノベーション)の観点から組織とヒトの変革の変遷とサービスの変革に向けた取り組みについて紹介します。(情報センサー 2021年11月号)

監査法人のDX ~データとAIの活用

2021年7月、当法人は経済産業省が定めるDX認定制度に基づく「DX認定事業者」に認定されました。本稿では、当法人の取り組みの最近の状況を会計事務所のDX事例として、とりわけデジタル技術、その中でもデータとAIや機械学習を活用した事例について紹介します。(情報センサー 2021年10月号)

DX時代のビジネスに求められる「デジタルトラスト」 第3回「自動化」の観点

テクノロジーを活用して業務の自動化を推進し、ビジネスモデルをシフトすることがDXの本質です。自動化により企業が享受できるメリットと、それに伴い起こり得るリスクについて考察します。(情報センサー 2021年8月号)

DX時代のビジネスに求められる「デジタルトラスト」 第2回「共有化」の観点

DXを推進する上で、システムやデータの「共有化」は重要な観点の一つとなります。データやプラットフォームを共有することによるビジネスの変革と、リスクに対する新たなチャレンジについて考察します。(情報センサー 2021年7月号)

DX時代のビジネスに求められる「デジタルトラスト」 第1回「オープン化」の観点

DX推進に伴う行動変容の一つに「オープン化」が挙げられます。ITシステムにおけるオープン化の歴史を振り返り、生じ得るリスクとその対策について考察します。(情報センサー 2021年6月号)

寄稿記事のご紹介

デジタルトランスフォーメーションに関するEY Japan の寄稿記事を紹介します。
これまでの寄稿記事は、 こちらをご覧ください。
目標は「DX人材」が消える日!? デジタルを活用できる経理人材の育成 組織の中で「社会に貢献する」会計専門職人材を育てる

会計専門職におけるDX人材の育成について、会計専門職のDX人材の短期的な育成サイクルは「経験」「研修」「コーチング」という3要素を中心に回すと効果的であり、さらにキャリアのフレームワーク化という取組みはより中長期的なキャリア形成の総合的な方法です。育成サイクルの期間の長さに着眼し、育成プログラムの形を論じています。さらに、そのような育成プログラムにより社会に貢献する人材を育てるという目的と企業のパーパス経営の密接な関係を論じています。(企業会計 2022年11月号)

ゲスト編集者 大内田 敬

EY Japan チーフ・タレント・アンド・ウェルビーイング・オフィサー

どんな業務でも絶え間なく高い品質を探求。イノベーションは人から生まれる。

会計・監査への影響は? 1からわかる暗号資産・ブロックチェーン 第4回 ブロックチェーンを利用したビジネスに関する保証業務

ブロックチェーンがビジネスシーンで利用されている理由の1つとして、改ざんが困難な状態でデータを関係者間で共有できる特徴を持つことがあげられます。たとえば、国際間で多くの事業者が関与する貿易取引では、多様な書類(信用状、船荷証券、保険証券等)のやり取りが発生します。この煩雑な手続きにブロックチェーンを活用することで、複数の関係者間で即時に情報共有が可能となり、かつデータ改ざん対策にもなります。本稿では、ブロックチェーンを利用したビジネスに係る保証業務について解説します。(企業会計 2022年9月号)

ゲスト編集者 安達 知可良

EY新日本有限責任監査法人 金融事業部/アシュアランスイノベーション本部 アソシエートパートナー

デジタル化したビジネスに「信頼」を提供するために。

会計・監査への影響は? 1からわかる暗号資産・ブロックチェーン 第3回 メタバースに関する法規制・企業会計②

従来型のスマートフォンゲームおよびブロックチェーンゲームの収益認識に関して論じるとともに、FT(ICOトークン)やNFTに係る最新の企業会計上の議論の状況について解説します。(企業会計 2022年8月号)

ゲスト編集者 田中 計士

EY新日本有限責任監査法人 BlockChain Center共同リーダー 第2事業部 パートナー

何事もまずは自分で体験してみる。それがイノベーションの理解への近道。

EY新日本有限責任監査法人 採用情報

採用情報

私たちは、最先端のデジタル技術を活用し、卓越した知見に基づいた保証業務の提供により、ステークホルダーに高い付加価値を与え、グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献するプロフェッショナル集団を目指す監査法人です。

EY新日本有限責任監査法人 採用サイトへ

 

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。