Assurance 4.0

> アシュアランス

次代の監査、そしてデジタル社会に期待される保証サービスを見据えたEY新日本の挑戦はすでに始まっています。

Assurance 4.0への挑戦

今日、テクノロジーの急激な進化は社会やビジネスを⼀変させており、会計監査の世界も例外ではありません。 次代の監査、そしてデジタル社会に期待される保証サービスを⾒据えたEY新⽇本有限責任監査法⼈の挑戦はすでに始まっています。

Assurance 4.0とは

Assurance 4.0は、⽇本の資本市場の信頼性向上とデジタル社会の健全な発展のために、EY新⽇本が追求する次代の監査・保証サービスを提供するビジネスモデルです。さまざまなデータと最先端のテクノロジーの活⽤をさらに押し進め、より効率的で深度ある監査、インサイトの提供を実現します。そして、会計監査で培った知⾒を⽣かし、今後社会インフラとしても重要性を増すデータやテクノロジーについて、第三者の⽴場で保証を提供していきます。

EY新日本が目指す次代のデジタル監査・保証サービスのビジネスモデル

Assurance 4.0に向けた重点戦略と目指す姿

Smart Audit ― 次代のデジタル監査サービスの姿

次代のデジタル監査サービスでは、Digital Auditで培ったデータドリブン監査を発展させ、AIと全量データを活用したリアルタイムなリスク識別を可能とする継続的監査手法を目指していきます。

継続的監査手法では、監査先企業からのデータの入手頻度を高めてリスク識別を精緻化させるとともに、データ授受を効率化(一部自動化)し、監査対応負担の軽減を図ります。リアルタイムに識別したリスクやそこから導き出したインサイトを適時提供することにより、適時なリスク評価を期待する監査役などのガバナンスや、迅速なリスク対応を期待するマネジメントに独立の立場から助言していきます。

Smart Audit A-202X(動画)


監査先企業とEY双⽅でさらなるテクノロジー活⽤が進んだ2020年代の未来世界をイメージし、未来の監査、未来の会計⼠の姿を描きます。 そこでは、監査に必要なデータに常時アクセス可能な環境において、ロボティクスやAIを活⽤して異常な取引や不正の兆候をリアルタイムでモニタリングしていく継続的監査の世界が広がっています。

Smart Audit A-202X episode 0(動画)


前作「Smart Audit A-202X」からさかのぼること数年前、監査先企業とEYそれぞれの業務がどのようになっていたかを描きます。監査先企業とEYそれぞれが異常に気付き、やがて同じ事案の発⾒につながっていく――。双⽅でのデータとテクノロジーの活⽤、そして適切な連携が経営管理と会計監査双⽅の⾼度化・⽣産性向上に発展していきます、監査先企業とEYの「共創」(co- creation)がテーマです。

Assurance 4.0に向けた組織体制

Assurance 4.0に向けて、EY新日本は、2020年7月1日付で理事長直轄の「アシュアランスイノベーション本部」を設置しました。「オペレーション」「アナリティクス」「オートメーション」の各専門分野の人材と知見を集結した専門組織(Center of Excellence(CoE))の強化、およびリアルタイムなリスク識別に向けたテクノロジーの開発を担う「AIラボ」の設置を進め、2023年6月末までに総勢800名体制を構築します。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。