デジタル化の潮流により企業活動におけるテクノロジーの重要性は増していますが、合併・買収や分離・売却段階でも例外ではなく、テクノロジーは企業価値・リスクの評価尺度や差別化要素としてますます重要となっています。

津金 俊宏

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社  ストラテジー・アンド・トランザクション トランザクション ストラテジー アンド エグゼキューション パートナー

テクノロジー領域では日本企業向けの案件を統括。専門はデジタルトランスフォーメーション、ITDD、IT PMI、クロスボーダー。

経営コンサルティングまたはテクノロジーコンサルティングに関し、16年以上の経験を有する。

プロジェクトマネジャーとして金融、通信、小売、製造など複数のセクターにおいて数多くのコンサルティングまたはシステム導入プロジェクトの管理・推進を実施してきた。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社では、テクノロジー領域において日本企業向けの案件を統括しており、ITデューデリジェンス(ITDD)、IT統合/分離計画策定およびプロジェクト・マネージメント・オフィス(PMO)としてIT統合/分離計画の推進を実施している。

クライアントファーストで変革の実現にコミットする業務姿勢を日々意識し、業務に取り組んでいる。

より良い社会の構築を目指すために

クライアントにとって耳が痛いような意見であっても第三者として根拠・理由・優先順位を整理した上で明確に示すことを通じて、クライアントの事業や業務の変革の実現を促しています。


提言にとどまらず実際の変革をパートナーとして寄り添って実施することで、クライアントの事業や業務の変革の実現を支援しています。

お問い合わせ