沢味健司の写真
国際公共チームでは新興国市場および日本における社会課題や環境問題の解決に取り組み、SDGs(持続可能な開発目標)の達成を目指しています。

沢味 健司

EY Japan Assurance Partner, Ernst & Young ShinNihon LLC and EY Global CCaSS Public Sector Leader

持続可能なより良い社会の発展を目指し、新世代のために情熱を傾ける。プライベートでは障害を持つ人々の活動をサポート。趣味はマラソン。

気候変動・サスティナビリティ(CCaSS)国際公共チームリーダー。持続可能なビジネスの開発に貢献し、特に環境問題や新興国の社会課題において、パブリックセクターと民間企業の橋渡し役として尽力。

初のCPAとして環境省に入省し、企業のサステナビリティ経営の促進施策を担当。本邦初の環境報告の法制化および環境金融政策などにおいて重要な役割を担い、国際的には国連持続可能開発部(United Nations Division of Sustainable Development)のメンバーとして、日本政府のリエゾンを務めた。

EYでは、CCaSS国際公共チームリーダーとして、サスティナビリティ戦略やESG(環境・社会・ガバナンス)の情報開示、保証業務、さらに研究・技術分野・ダイバーシティ・人材育成の政策調査やODA(政府開発援助)、海外進出支援を担当。

経済学の学位を有する。

より良い社会の構築を目指すために

2015年に国連で採択された『持続可能な開発のための2030アジェンダ(2030 Agenda for Sustainable Development)』の国際的な取り組みは、持続可能な世界を実現するための17の目標と169のターゲットで構成されています。私はSDGs(持続可能な開発目標)の達成には政府と民間企業の双方がそれぞれの役割を担っていくことが大切と考え、達成に向けて日々注力しています。そのために気候変動・サスティナビリティサービスを通して、その両方にアドバイザリーを提供しています。

お問い合わせ