スマートヘルス

スマートヘルスは、患者中心の医療サービスをデザインし医療モデルを見直すことで、大規模な個別化医療の実現を目指します。

ツイートする 

#smarthealthに関して最新情報をフォローする。

 

ツイッター

医療システムのデジタル化やコネクテッド化がさらに進み、⼈⼯知能やスマートテクノロジーがフルに活⽤されることで、医療の未来は急速に変化しています。デジタルイノベーションが加速し、今はまだ想像でしかない未来の医療モデルの実現が期待されています。

データを最適化して⼀元管理する医療のインテリジェントシステムとして、⼈、モノ、インフラをつなぐことが、医療のスマート化への始まりです。医療においてバーチャル空間とリアル空間が近づくことで、医療のスマート化がより広がります。また、患者一人ひとりの因⼦およびセンサーやウエアラブルデバイスのデータを、健康データと⼀緒に統合型医療プラットフォームのアルゴリズムに組み⼊れることで、個々人にカスタマイズされたスマート医療体験が実現します。これは重要なシフトです。医療分野以外に⽬を向けても、世界では急速にスマート化が進んでいます。スマートシティー、スマートカー、スマートユーティリティー、スマートホームでIoTやデータ、インテリジェントコネクテッドシステムが活⽤され、経済、社会、環境のサステナビリティを⽀えています。

  • 詳しく見る

    医療システムのスマート化が進むことで、統合された広範なエコシステムが構築され、これが患者と医療従事者の体験(エクスペリエンス)の向上、医療のアウトカム改善、医療サービスへのアクセス拡⼤を後押しします。医療システムの生産性と効率性が向上すれば、より多くの人により良い医療を提供できるようになります。将来私たちは、かつてないほどの精密さで、医療を事前対応的に管理するようになるでしょう。

    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを通して、医療システムが対面診療に依存していることが世界的に露見しました。医療業界はデジタルトランスフォーメーションへの転換を余儀なくされています。将来、医療従事者と患者がようやくバーチャル医療を採⽤したとき、今が変換点として振り返ることになるでしょう。

    この1年間、クライアントとの話し合いの中で、単にテクノロジーを理解することから、どのようにスマート化を進めて実現するか、特にデジタルファーストの医療体験を構築し、医療のあらゆる側⾯にデジタルを取り⼊れるには何が必要なのかということにフォーカスしてきました。ただ「デジタルを取り入れる」のではなく、「医療のデジタル化」を進めるにはどうすればいいのかを医療機関は知りたいと考えています。

    シームレスにつながる医療という最終目標を達成するには、情報のデジタル化だけでは不十分です。医療システムと病院が未来へと進むには、画期的なテクノロジーを取り入れ、新たな技術的スキルセットを導入し、高度なつながりを持たないものをエコシステム全体から排除する必要があります。

    高度につながり、インテリジェントかつ患者中心で、信頼性が高く持続可能な病院。それがスマートホスピタルです。その実現の鍵を握るのは先進テクノロジーですが、スマートホスピタルの構築はITプロジェクトではありません。スマートヘルス実現に向けた取り組みに着手するには既知の課題について十分に検討する必要があり、強固なチェンジマネジメントと経営層のリーダーシップも必要です。経営層、医師、看護師、スタッフ、エコシステムパートナーなど全てのステークホルダーの参加が欠かせません。

    スマートヘルスのビジョンを実現するため、EYはヘルスケアエコシステム全体を結集させ、つないでいます。どこにコラボレーションの機会があるかを探り、テクノロジー、戦略的プランニング、組織設計、プロセスの変⾰に関するEYの経験を⽣かして、あらゆる⼈により良いアウトカムをもたらすための取り組みを⾏っています。

    適切な場所、適切なタイミングでより良い医療を提供するためには、データの流動性を中⼼とした情報アーキテクチャの構築が必要です。私たちは、これからの医療業界のデータ活用基盤を形成する5つのトレンドを探ります。医療機関がコネクテッドヘルスエコシステムに移⾏するためには、膨⼤な健康データが持つ可能性とトランスフォーメーションを実現するテクノロジーが持つ将来性を活⽤できるよう、技術・業務・⽂化の各側面の変⾰を適切に⾏う必要があります。

    患者を重視することは、臨床的にもビジネス的にも理にかなっています。⼗分に理解しておく必要があるのは、総体的な医療における体験全体を向上させることで、患者と医療従事者双⽅が得ることのできるメリットです。未来のスマートヘルスシステムでは、患者と医療従事者の体験向上にフォーカスすることが鍵となるでしょう。テクノロジーは医療全体をつなぐことによって体験全体を向上させ、サイロ化を解消しますが、あくまでもソリューションの一部にすぎません。他方では、医療の人間的な側面に細部まで目を配り、適切な体験が得られるようにする必要があります。

医療の未来がスマートであること、また、スマートテクノロジーとスマートアルゴリズムの進化、そして医療モデルのスマート化の進展が医療サービスの提供⽅法を決め、医療体験の在り方を形作ることは明らかです
Aloha McBride
EY Global Health Leader

スマートヘルスインサイト

病院のスマート化にはオンライン診療と対面診療の相互利用が不可欠である理由

ヒト、モノ、システムを相互につなげることで、医療はよりスマートな形になります。これらは高度に相互に依存しており、いずれも欠くことはできません。

詳しく見る

スマートホスピタルの実現に向けて

高度につながった、インテリジェントかつ患者中心のスマートホスピタルは、今後の医療の在り方を変えるでしょう。

詳しく見る

データ中心のヘルスケアの未来を形作る5つのトレンド

データを中核としたビジネスモデルに移⾏することで、医療業界のレジリエンス、アジリティ、イノベーションはさらに⾼まります。

詳しく見る

患者や医療従事者にとって重要な事項に最もフォーカスすべき理由

満足度の高いペイシェントエクスペリエンスは、医療従事者の満足度をも高めます。逆もまたしかりです。ビジネスにとってはその両方がプラスに働きます。

詳しく見る

進化し続けるテクノロジーに、あなたの病院は対応できていますか?

スマートホスピタルでは、人、モノ、システムがリアルタイムでつながり、データも有効に活用されます。

詳しく見る

お問い合わせ


より詳しい情報をご希望の方はぜひお問い合わせください。