グローバルにおいて激化する企業間競争を背景に、M&Aによる価値創造の重要性は年々増加しています。私は複雑化するクライアントのニーズに対し、付加価値の高いサービスを提供します。

平元 達也

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 リード アドバイザリー パートナー / EY Japan CPRマーケットセグメント リージョナルリーダー

国内外のM&Aトランザクションに関わるファイナンシャルアドバイザリーサービスを提供。 CPRマーケットセグメント リージョナルリーダーとして、CPRセクターにおけるEYの活動を主導。

2008年10月にEYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社に入社。以前は、国内大手証券および外資系証券でM&Aを中心とする投資銀行業務に従事。EY入社後も、引き続き国内外のM&Aディールのオリジネーションからエグゼキューションまでを担当する。

2010年6月から2018年12月までの8年半、日本のM&Aアドバイザリー部門の責任者として同部門を飛躍的成長へと導いた。主に、CPR、テレコム・テクノロジー、自動車、金融セクターの案件経験が豊富。他に、日本企業によるアジアにおけるM&A支援の経験も豊富。

2019年7月より、CPR(消費財・小売)マーケットセグメントの共同リーダーに就任。2020年7月より、CPRマーケットセグメント リージョナルリーダーに就任。

より良い社会の構築を目指すために

クライアントの企業価値の向上に貢献できるよう、EYが提供可能な各種サービスを提供します。私が主に担当しているCPRセクターは、クライアントである企業と消費者との接点が特に多いセクターです。そのため、クライアントの企業価値向上や成長を支援することが、消費者の生活を向上させることにもつながると考えています。クライアントの皆さまへの支援を通じ、人々の生活が豊かになるよう貢献していきます。

お問い合わせ