デジタルレディネス診断

> コンサルティング

EYでは、独自のデジタルレディネス診断フレームワークにより、デジタル施策に関する企業全体の課題を網羅的に抽出します。

企業の多くはデジタル化の進展が自社の優位性に影響すると考えており、実際にデジタルトランスフォーメーションに取り組む企業が増えています。しかしながら、その多くはデジタル化の実現には至っていないのが現状です。

デジタルトランスフォーメーションに向けて、課題を明らかにした上でデジタル施策に取り組むためには、まずは現時点での“デジタルレディネス”を把握することが有効です。
 

デジタルレディネス診断フレームワーク

EYのデジタルレディネス診断フレームワークは、7項目(戦略、顧客体験、サプライチェーン&オペレーション、テクノロジー、リスクとサイバーセキュリティ、財務・法務・税務・人事、人材と組織)に対して、デジタル施策に関する企業全体の課題を網羅的に抽出します。

デジタルレディネス診断ツールを活用したトランスフォーメーションの推進

EYでは、デジタルレディネス診断を容易にするためのユーザビリティの高いツールを用意しています。EYは、これらを活用した課題の特定、その後の各領域におけるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。