デジタル経理・決算を実現するプラットフォーム

> 財務会計アドバイザリーサービス

EYは決算プラットフォームBlackLineを利用した財務経理機能の高度化を支援します。

課題

決算業務においては手作業やスプレッドシート、多くのオフライン作業・コミュニケーションが発生し、財務経理部門の負担・決算遅延の要因になりかねません。

サービス概要

BlackLineは決算プロセス全体を支援する一体型クラウドソリューションです。

リモート化や自動化の対象から置き去りになりがちな決算業務プロセス全体を補完する決算プラットフォームとして経理のデジタルトランスフォーメーション(DX)化に貢献します。

図1 BLACKLINE
図2 機能特徴
図3 BlackLine導入規模(2022年3月現在)

出典:※1「導入事例」、ブラックライン社ウェブサイト、(2022年3月15日アクセス)


EYの強み

経理業務に対する深い理解および豊富なBlackLine導入支援経験を有するメンバーにより、BlackLineを活用した経理高度化を支援します。

図4 BlackLineを活用した経理高度化

情報センサー記事のご紹介

「情報センサー」は EY新日本有限責任監査法人が毎月発行している定期刊行物です。国内外の企業会計、税務、各種アドバイザリーに関する専門的情報を掲載しています。
「情報センサー」について詳しくは、 こちらをご覧ください。
アフターコロナを見据えた財務経理機能の高度化 〜BlackLineを利用したトランスフォーメーション〜

新型コロナウイルス感染症の影響下において、経理部門における課題やデジタルツールを用いた取組みについて関心が高まっています。本稿では、近年注目が高まっているクラウドソリューションBlackLineに着目し、経理高度化に資する各種機能やモデルケース、導入プロジェクトの留意点について解説します。(情報センサー 2022年1月号)

関連動画

【DX】クラウドを利用した経理機能の高度化 ゲスト:ブラックライン(株)代表取締役社長 宮﨑 盛光 氏
【DX】クラウドを利用した経理機能の高度化 ゲスト:ブラックライン(株)代表取締役社長 宮﨑 盛光 氏

今回の動画では、クラウドを利用した経理業務の高度化について、クラウド型決算プラットフォームBlackLineを提供するブラックライン株式会社の宮﨑盛光代表取締役社長をお招きし、解説させていただきます。(YouTubeへ)

 

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。