インシデント対応支援サービス

> Forensics

EYはサイバーレジリエンスサービスの第一人者です。世界各地でインシデントへの豊富な対応実績があります。サイバーセキュリティやデジタルフォレンジックの専門家が、サイバー攻撃の発信元と影響を解明し、利害関係者への説明から損失低減、そして再発防止まで一連の対応を支援します。

EYができること

急速に進む企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に伴い、インフォメーションガバナンスの重要性が高まっています。

リモートワークに伴うクラウド化やRPA(Robotic Process Automation)の普及により、ITシステムのオープン/共有化が進み、新たなリスクが発生しています。サイバー攻撃によるデータの改ざんやシステム障害は、業務への支障だけでなく、事業活動そのものの停止につながる可能性があります。さらに国境を超えたサイバーセキュリティやデータプライバシーの保護規制への対応、訴訟リスクを回避するための対応も組織にとって大きな負担です。レジリエンス経営が問われる今日、これらは最優先課題と言えるでしょう。

リスクが増大する眼下の環境において、インシデント発生を前提とした備えは重要です。有事における影響を最小限に抑え、すみやかな復旧を可能とするサイバーレジリエンスの実現に向けて、実効性のある組織体制の構築も急務となります。EYはサイバーレジリエンスサービスの第一人者です。世界各地でインシデントへの豊富な対応実績があります。サイバーセキュリティやデジタルフォレンジックの専門家が、サイバー攻撃の発信元と影響を解明し、利害関係者への説明から損失低減、そして再発防止まで一連の対応を支援します。

主な課題

  • 最新の脅威への対応
    日々変化するサイバーリスクを分析し、インシデント対応計画の見直しなどサイバーレジリエンスの維持に必要な対策の継続的な実施が不可欠である。

  • 機敏な危機対応
    瞬く間に組織の奥深くまで侵害するサイバー攻撃の兆候を速やかに把握し、被害を最小限に抑え、適切な法的対処と情報開示をしなければならない。

  • データ保護規制への対応
    各国データプライバシー規制(改正個人情報保護法、GDPR〔EU一般データ保護規則〕など)に準拠した当局への迅速な報告が必要となる(日本では2022年より義務化予定)。


サービスの事例などの詳細はパンフレットをご覧ください。


各種サービスに関するお問合せ

各種サービスなどの詳細については、サイバーレスポンスチームにお問い合せください。

電話: 03 3503 3292(受付時間 平日 9:30-17:30)

緊急相談窓口

サイバーインシデントやデジタルフォレンジックに関する緊急のご相談は、電話またはお問い合わせフォームにて受付しております。

電話: 03-3503-1318

お問い合わせフォーム