久保田淳哉
労使関係は企業にとって重要な要素ですが、規制の内容はますます複雑になっています。クライアントのニーズを理解し、人事・労務に関して地に足のついた助言を提供すべく尽力しています。

久保田 淳哉

EY弁護士法人 アソシエートパートナー

労務・人事法務の専門家。抽象論でない具体的思考を重視。

事業所 東京, JP

EY弁護士法人所属弁護士。雇用主が十分な情報に基づいて人事の意思決定を行えるよう、戦略的な助言を提供。

人事・労務分野で10年以上の経験を持つ。日本での雇用について、労務一般・社会保険・法 務省入国管理局(入管)・税務などあらゆる方面に目を配り、生じるべきでない紛争を生じさせないよう、また、生じた紛争がしかるべき内容で解決するよう尽力する。また、海外での雇用問題について、現地専門家と協働し、日本のクライアントの疑問に応える実務的な助言を行う。

日本と米国ニューヨーク州の弁護士資格を保有。経営法曹会議会員。第二東京弁護士会労働問題検討委員会副委員長。

東京大学法学部卒業。カリフォルニア大学バークレー校で法学修士号を取得。

より良い社会の構築を目指すために

より良い社会の構築に向けて、クライアントのニーズを理解し、雇用法に関して実効性のある実務的な助言を提供することで、クライアントが従業員と良好な関係を築き、雇用に関する法令を確実に順守できるよう取り組んでいます。

外資系クライアントと日本の雇用法、日系クライアントと各国の雇用法をつなぐ橋渡しを行っています。

お問い合わせ