高見陽一郎の写真
われわれは次の世代にどのような価値を残すことができるでしょうか。企業の経営課題解決に当たっては、この問い掛けを常に念頭に置いています。

高見 陽一郎

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 ストラテジー・アンド・トランスフォーメーション副リーダー/サプライチェーン&オペレーションズリーダー パートナー

経営課題の解消、そしてクライアントの長期的な企業価値向上に向けた変革を提案、実行支援、実現まで伴走。

EYストラテジー・アンド・コンサルティングのストラテジー・アンド・トランスフォーメーション部門の副リーダー兼サプライチェーン&オペレーションリーダーを務める。

2010年にEYに入社し、ファイナンス領域を中心にコンサルティングサービスを提供。ファイナンス・コンサルティングのJapanリーダー、インテリジェントオートメーションのJapanリーダー、Asia-Pacificのファイナンス・コンサルティングリーダー、ビジネスコンサルティングのJapanリーダーを歴任し、現職。

プロフェッショナルキャリアとして、大手監査法人、コンサルティングファーム、米国シリコンバレーにおけるベンチャーキャピタルでの経験を持つ。

EY加入前は、米系コンサルティング会社の東京オフィスで会計・財務アドバイザリーサービスや企業コンサルティングサービスを提供。またシリコンバレーを拠点とするベンチャーキャピタルファームにて9年を過ごし、最高財務責任者(CFO)も務めた。

日本の公認会計士。
早稲田大学で商学士号を取得。

より良い社会の構築を目指すために

われわれは、次の世代に何を残すことができるでしょうか。EYは未来につながるビジネスモデル、サービスモデルの変革を通じて、社会に新たな付加価値を提案することのできるプロフェッショナル集団であることを目指しています。

一方、現代のクライアント企業経営者が直面するさまざまな経営課題の多くはグローバル規模での複数の社会課題に直結しています。これらの解決は決して容易ではありませんが、そのためには、最新の情報、グローバルな経験に裏付けられた視点、そしてその実現までの遂行力とコミットメントが不可欠です。

私は企業経営者の抱える課題解決に向けての伴走者として最後までクライアントと共に走り続けます。

お問い合わせ