2 分 2021年6月10日
ソ・ジョンジン氏の写真

EY World Entrepreneur Of The Year™ 2021の受賞者は、セルトリオングループ会長ソ・ジョンジン氏に決定

執筆者 EY Global

複数の強みや専門性を兼ね備えるプロフェッショナル集団

2 分 2021年6月10日

韓国のソ・ジョンジン氏が率いるセルトリオングループは、がん疾患、自己免疫疾患、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の画期的な治療薬を開発しています。

韓国のアントレプレナーであるソ・ジョンジン氏は、2003年にバイオ医薬品会社を起業するまで、科学や医学についての知識は皆無に近い状況でした。同氏は生産工学を学んだものの、アジア金融危機で自動車メーカーでの道が絶たれました。ジョンジン氏は、新たなビジネスチャンスを模索する中で、医学の未来について先端を行く科学者の話を聞き、同僚と共にバイオ医薬品会社を起業する決心を固めました。現在、セルトリオンは、数十億ドル規模の医薬品企業となり、がん疾患、自己免疫疾患、新型コロナウイルス感染症の画期的な治療薬を開発しています。

当初、セルトリオンは他社向けの医薬品を製造していましたが、ジョンジン氏は新たなビジネス展開を強く望んでいました。同氏は、がん疾患などの治療で使用される、既に承認されているバイオ医薬品に極めて近い性質を持つバイオシミラー(バイオ後続品)の可能性を見いだしました。ジョンジン氏は、旅費を借り入れ、世界中の科学者の方々と直接面談し、その概念を研究しました。その後チームを率い、感染防御のために体が生成する自然抗体を模したモノクローナル抗体治療薬のバイオシミラーを開発しました。

競合他社に先駆け、セルトリオンは、クローン病や関節炎などの自己免疫疾患の治療薬である、世界初のバイオシミラーモノクローナル抗体薬「レムシマ(Remsima)」を発売しました。レムシマの成功に続き、韓国、欧州、米国では乳がんおよびリンパ腫の治療薬が発売されました。セルトリオンの治療薬は世界中の多くの患者にとって手頃な価格の代替治療薬になると、ジョンジン氏は確信しています。

私にとってのアントレプレナーシップ(起業家精神)とは、常に共通のビジョンに向かって人材を結集し、課題をチャンスと捉え、社会の利益に貢献できるよう取り組みを進めていくことです。
ソ・ジョンジン氏
韓国セルトリオングループ名誉会長

すべてのプロジェクトが成功したわけではありません。創業期には、HIVワクチンの受託製造施設に大規模な投資を行いましたが、臨床試験に失敗し、すべてを失うリスクを抱えていました。幸いにも、他社向けの医薬品の製造施設に賢明な投資を行っていたことから、セルトリオンは危機的状況を何とか乗り越えました。それ以来、「失敗を恐れず、危機をチャンスに変える」力は同社の文化の一端を担っているとジョンジン氏は述べています。

ジョンジン氏の信念は、医薬品業界には危機発生時において国益のために行動する義務があるということです。セルトリオンは、新型コロナウイルス感染症の抗体治療薬の開発で業界をリードし、治療薬は2021年2月に韓国で承認されています。パンデミックの終息に向けて情熱を注ぐジョンジン氏は、韓国の人々に治療薬を原価で提供することで自身の役割を果たしています。


            EY 7 Drivers of Growth(EYが提唱する7つの成長のドライバー)

歩み続けるアントレプレナーは未来を再構築します。

EY World Entrepreneur Of The Year™ 2021大会の様子、各国代表アントレプレナーの成功までの道のりと壮大なビジョンをご覧ください。

オンデマンドで視聴する(英語版のみ)

サマリー

EYワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2021の受賞者は、韓国のソ・ジョンジン氏に決定しました。同氏は、免疫疾患の治療薬であるレムシマなどの画期的なバイオシミラーを開発し、セルトリオンを数十億ドル規模の医薬品企業に成長させました。

この記事について

執筆者 EY Global

複数の強みや専門性を兼ね備えるプロフェッショナル集団