人事労務

EY Lawは、日本だけでなく、海外の人事労務上の課題についても、海外のEYメンバーファームと協働して助言を提供しています。また、必要に応じて、人事コンサル・年金コンサル・税務アドバイザーなどEYの他のプロフェッショナルとも協働してワンストップ・サービスを提供しています。

関連トピック Law (法務) 人材・組織 税務

EYができること

企業が世界を舞台に戦い事業目標を達成するためには、クロスボーダーのM&Aや事業売却が欠かせません。また、平時にも、絶え間なく組織改革・オペレーション改革を行う必要があります。

そうしたトランスフォーメーションにあたっては、各国の労働関連法上の課題を正しく理解し、適切に対応することが重要になります。


EY Lawは、多国籍トランスフォーメーション・プロジェクトに際して、各国のEY Lawメンバーファームだけでなく、EYの人事コンサル・年金コンサル・税務アドバイザーなどの隣接専門職とも協働して、総合的・多角的な助言を提供しています。

そうすることで、クライアントは、各国の労働関連法だけでなく、さまざまなオペレーション上の観点から生じるコスト・リスク・潜在的な障害を計画に織り込むことが可能となります。

M&Aにおける人事デューデリジェンスやPMI(合併後の統合)、事業部門の撤退やカーブアウトにおける人事労務問題、平時の事業再編や人事制度改革など、企業の成長のさまざまなステージでクライアントを支援しています。人事労務上のコンプライアンス問題についても、人事コンサルや不正調査の専門家などと協働することで、より多角的な助言を提供しています。

また、EYにおいては、ワンストップ体制により、初期計画~詳細計画~計画実行~事後のモニタリングの全てにわたって、クライアントに寄り添ったサービスを提供することができます。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。