目標や計画を立てるだけでは変わらない人の意識や行動。これを「変革」するには、「需要する、受け入れる、使う」側の論理で問題を解く「行動科学トランスフォーメーション」に解決の道筋があると考えています。

伊原 克将

EY ストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 ストラテジック インパクト マネージャー

行動科学トランスフォーメーション(BX)を切り口としたコンサルティングを手掛ける。趣味はアイスホッケー。

気候変動・省エネルギー分野を中心に、国の制度設計や政策手法の検証に関わる多数のプロジェクトに従事。また、国内最大手の小売電気事業者を含む10団体の産学官連携コンソーシアムをけん引し、国内最大級となるナッジを活用した省エネ実証において、政策手法としての行動経済学やナッジの効果を検証する。

その他、スマートコミュニティや電力小売自由化に関連する多くの新規事業開発(戦略立案、アライアンス推進、ソリューション開発など)にも関与する。

大手印刷会社、米国系会計コンサルティングファームを経て現職。

早稲田大学大学院 環境・エネルギー研究科 博士課程(工学)修了。

より良い社会の構築を目指すために

私たちが抱える社会課題の多くは、「人の行動をどのように変えれば良いのか」という問いを解くことによって、解決することができます。

私は、行動経済学や心理学を含む行動科学の力こそがこのような問いを解決するために有効であると考え、これまでに気候変動・省エネルギー分野を中心としたさまざまな分野において、行動科学的なアプローチを取り入れたコンサルティングを手掛けてきました。

今後は、行動科学トランスフォーメーション(BX※)を推進する一人のコンサルタントとして、より進化していきたいと考えています。

※BX ( Behavioral insight Transformation):人の行動に関するあらゆる問いに対して、その解決策を導くプロセスを行動科学的に妥当性の高い仮説検証プロセスに変革し、その精度とスピードを上げていくこと。

お問い合わせ