牛島 慶一の写真
サステナビリティはビジネスの先行指標。イノベーションを誘発し、新市場の創出と持続可能な社会の構築につながります。同時に、サステナビリティでゲームチェンジが起き、対応できない企業は市場から排除されます。

牛島 慶一

EY Japan Climate Change and Sustainability Services Leader

サステナビリティの分野で活躍。多様性に配慮し、プロフェッショナルとしての品位を持ちつつ、実務重視の姿勢を貫く。

EY Japanにおける気候変動・サスティナビリティサービス(CCaSS)のリーダーとして業務に従事する傍ら、環境省中央環境審議会委員、東北大学大学院非常勤講師なども務める。

グローバルなスタンダード形成に関与しながら日本企業の持続可能なビジネスモデルの構築に尽力。

EYのメンバーファーム入所前は、日本の大手製造企業でグローバルサスティナビリティ戦略構築を通じて、会社の長期的ビジネス戦略と統合に尽力。さらにグローバル人材マネジメントおよびビジネス・プロセス・エンジニアリングも経験。

中央大学経済学部卒業。

より良い社会の構築を目指すために

持続可能なビジネスの構築を通して、次世代の資本主義の在り方をグローバルに提案しています。EYのクライアントとの協働を通じて優れたプラクティスを構築し、これを世界に提案していくことで日本企業の競争優位性を生み出そうとしています。国際社会が日本企業を必要とすれば、日本が持続可能な社会をリードしていけると信じています。サスティナビリティに関する課題は今、企業経営、財務、そして公共政策を横断して存在しています。課題先進国の日本だからこそ、世界の課題解決に貢献できる機会がある。EYが掲げる理念Building a better working worldを実現することが、CCaSSの役割であると確信しています。