大平 洋一の写真
間接税、特に関税は売上原価の中に隠されているため見えないことが多く、管理金額は直接税より高いことが多い。そのため、間接税に注意を払うことが賢明です。

大平 洋一

EY税理士法人 インダイレクトタックス部リーダー パートナー

企業がすぐに実行できる、実用的な結果志向のソリューションを提供。

インダイレクトタックス部リーダーとして、EY税理士法人の関税および世界貿易、消費税、アウトバウンドのVAT/GSTサービスを管理。

前職では10年以上にわたって産業界のグローバル間接税の管理に従事し、自由貿易協定におけるサプライチェーン戦略の設計および実施、関税評価プランニング、間接税優遇措置の活用、VAT/GST/JCTの最適化を含む、多国籍企業向けの間接税プランニングプロジェクトをリード。

実務経験を豊富に培ってきた。また、関税と移転価格の調和、SCMの最適化、デューデリジェンスや合併後のアドバイザリーなど、幅広い専門分野においてサービスを提供。

間接税に関する出版物への寄稿も多く、慶應義塾大学法学部および早稲田大学大学院会計研究科では講師も務める。慶應義塾大学で法学士を取得。

より良い社会の構築を目指すために

貿易保護主義と自由貿易の力が絶えず拮抗し、ますます不確実性が増すこの世界において、クライアントが課題を乗り越えるサポートを提供。例えば、分析ツールを使用することにより貿易の可視化を向上させ、さまざまなプランニング案を通じてクライアントのグローバルサプライチェーンにおける間接税コストを削減し、現地の知見を提供することで新興市場へのアクセスを改善、これまで手掛けてきたことすべてが、数多くの製品を手頃な価格で世界中の消費者に届けることに役立っています。

お問い合わせ