グローバル・コンプライアンス・アンド・レポーティング(GCR)

> 税務

経済がグローバル化し、税務当局からはデジタル化が一層求められる中、グローバルベースでのコンプライアンスや報告で後れを取るわけにはいきません。

EYができること

今日の税務部門や財務部門には、コンプライアンスや報告に関して膨大な要求がなされています。 新しいデジタル世界における複雑性の高まりや、要件を満たすために必要とされる変革に迅速に取り組み、費用対効果の高い方法で法令違反のリスクを減らし、価値を高めるにはどうすればいいでしょうか。

GCRチームは「記録から報告まで」つまり、取引や資産の記録から利害関係者に対する最終報告に至るまで、財務と税務が交わるポイントにおいて総合的アプローチを採用しています。このアプローチは、企業の税務ライフサイクルと、記録から報告までの間にある主な申告や法定報告プロセスの両方を網羅しています。これにより、150超の国や地域において正確性や効率性を高める手助けになるほか、知見や現状を把握できるアナリティクスを通して貴社のコンプライアンスの状況をお伝えすることになります。

私たちは、世界クラスのテクノロジーやグローバルに標準化されたメソドロジーを活用することにより、税務ライフサイクルのすべての段階を通してデジタル・トレンドの最先端を進み続けます。GCRでは、ペイロール、ブックキーピング、アカウンティング部門が適切なデータをそろえ、ビジネス・タックス・コンプライアンス、タックスアカウンティング、インダイレクトタックス・コンプライアンス、およびスタチュトリー・レポーティング部門がコンプライアンス義務や正確な申告に取り組みます。

税務および法令ガイド

グローバル税務および法令ガイドについて詳しく見る

詳しく知る

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。