Green Tax(環境税その他タックスサステナビリティ)

> 税務

企業が高度で複雑なエネルギー管理およびサステナビリティ戦略(持続可能性のための戦略)を確立し、各国政府が環境に関する税制を策定する中、環境税とエネルギー税の重要性が増しています。

EYができること

各国政府は、環境目標を達成するために、税制を積極的に活用するようになっています。多くの国が現在、「環境に良い」行動を促進するために税務上のインセンティブを提供するとともに、望ましくない行動を抑制し、歳入を増やすため、賦課金や関税、エネルギー・環境税を課しています。

投資の意思決定を行う際、環境税が果たす重要性、資源の効率化および低炭素活動に係るインセンティブを考慮し、自社体制に組み込む必要があります。

事業戦略が、環境税の継続的な展開、サステナビリティに係るインセンティブおよび低炭素社会に適合している場合でも、企業の税務部門が戦略策定を行うテーブルについていない場合が多くです。さらに、低炭素社会は、比較的新しい概念であり、租税の決定要因として検討されていない可能性があります。

エネルギーおよび環境税が重要性を高める中、EYのグローバルサステナビリティ税務ネットワークは、信頼できるビジネスアドバイザーとして、以下のような課題の解決をサポートします。

  • 事業コストの削減:事業コストを削減し、エネルギーおよび環境税を最小限に抑え、戦略を適合させ、優遇策を特定して導入することにより、事業全体のコストを削減します
  • サステナビリティ関連プロジェクトに係る投資利益率(ROI)の改善:サステナビリティ関連プロジェクトに係る投資利益率(ROI)を改善し、サステナビリティ関連のインセンティブおよび政府の補助金を特定して確保することによって、エネルギー効率改善のための再生可能エネルギー関連の投資プロジェクトに関するROIの向上が可能です
  • リスク低減:エネルギー税の観点から、税務調査やペナルティーが課されるリスクは、全てのコンプライアンスおよび報告規定を確実に満たすことによって、低減することができます
  • ソートリーダーシップ:企業は、事業活動に過度の複雑性を生じさせることなく、望ましい結果を達成するため、現況だけでなく、今後環境税がどのように展開していくのか、そして、どのように政策に影響を与えることができるのかについて、理解を深めたいと考えています

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。