EY wavespace™

EY wavespaceチームでは最適な人材を結集し、考え方を変え、課題を解消し、解決策の開発を可能に、それもより迅速に可能にする新しいツールやマインドセットを提供します。

新型コロナウイルス感染症への対応

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のまん延による危機を乗り切るために、不安定な状況下での対応とレジリエンス(回復力/復元力)の構築に関するEYのインサイトをご活用ください。

 

ページを見る

今日、私たちは、これまでに経験したことがないさまざまな課題に直面しています。企業組織では、どのように優先順位付けを行い、課題に取り組むかについては発想を変え、これまで以上にクリエイティブに対応することが求められます。EY wavespaceチームは、これまで常に最適な人材を結集し、新たな解決策を迅速に見いだすためのツールやマインドセットを提供することに力を注いできました。

こうした状況の中、EYが双方向のバーチャルでのwavespaceセッションを実施してきた経験がいかに有効なものかいうことが分かりました。この体験を踏まえ、EYでは完全バーチャル型のwavespaceを創設し、不安定な時代の克服、変動性への対応、レジリエンスの構築などを行う企業への支援を継続していきます。

wavespaceを活用する企業は、自社とEYのネットワークの双方から最適な人材を集めることができます。EYでは、実証済みのwavespaceのアプローチや手法、コラボレーションツールを活用し、短時間に意義のある成果を得ることに重点を置いて、貴社のチームが課題を解消する支援を行います。

    wavespaceとは?

    wavespaceの核心は、人材と事業成果です。

    EYでは、人間中心のデザインとコラボレーションを方法論の中核に据えています。それは、「人々は自身が開発の手助けをしたものをサポートする」という考えに基づく、人々を巻き込むことが重要とする信念によるものです。EYは境界を越えて、機敏性をもって動きます。そして、クリエイティブでスピード感あふれる発想を元に、設計・構築します。

    貴社の人材や顧客、ステークホルダーの利益となる設計の支援を行います。それにより、スピーディーなテクノロジーの導入や大規模なイノベーション推進の方法をご理解いただけるでしょう。

    EYでは、実体験型のプログラムを設定して最適な人材を結集し、発想を変えるためのマインドセットやコラボレーションツールを提示します。近年では世界各地のクライアントに対し、バーチャル型と対面型との両方で行っています。

    人間の発想力に働きかけることで、日常の束縛から解放され、事業チームによる重大課題の再検討やソリューション開発が、より迅速に可能になります。

    大きく飛躍し、クリエイティビティを刺激して最大の課題を解決するスペースを想像してみてください。

    貴社の目標が成長、変革、ディスラプションのいずれであっても、wavespaceは可能性を生み出し、より迅速に答えを見つけ、一体感を醸成して意思決定を導くよう設計されています。

    wavespaceは、貴社組織やEYを超えて、アイデアやテクノロジーで互いに交流する場です。こうした交流が意義深い成果をもたらし、人間の想像力を刺激します。変革の時代の中で組織が成長し、繁栄し続けるためのクリエイティビティを促進します。

    wavespaceでは、人材とテクノロジーを持ち寄り、コラボレーションを通じてチームの士気を高め、一体感を醸成して迅速な課題の解決と意義ある結果の創出を実現します。

    wavespaceセンターのグローバルネットワーク、一時的な「ポップアップ」スペース、または貴社へのwavespaceのインストール。いずれにおいても、現状を打破し、最も差し迫ったビジネス上の課題に対するより良い答えを得られるようサポートします。

    wavespaceによる働き方:

    • 有意義な成果創出への徹底的なこだわり
      事業成果の達成を重視して追求することが、的に有効なソリューション開発につながります。 
    • テクノロジー、デザイン、ビジネスの融合
      現実、バーチャルのいずれにおいても最適な人材を集めます。考え方を変えるためのマインドセットとツールを提供します。アライアンス、テクノロジーパートナー、幅広いサービスによるEYエコシステムが、最適な人材とテクノロジーを「1カ所」に集めます。
    • 成果達成とチーム全体の方向付けの促進
      wavespaceは、ステークホルダーの意見交換期間の短縮と指導性の方向付けにつながります。
    • グローバルなネットワーク
      人材面でも物理的にもグローバルなEYのネットワーク。各wavespaceセンターは単独でもグローバルネットワークの一部としても活動し、クライアントには柔軟に対応します。

      バーチャルでのwavespace体験

      wavespaceチームは在宅で運用を行っていますが、wavespace体験をバーチャルで提供するテクノロジーと設備を完備し、貴社のビジネスを必要な場所へと導きます。

      貴社とEYネットワークの双方から、最適な人材をバーチャルに招集し、考え方を変えるよう支援します。実証済みのEYアプローチや手法、コラボレーションツールを活用し、貴社が課題に取り組みを、有意義な成果を達成し、解決策を見いだす支援を行います。より詳しい情報をご希望の方は、お問い合わせください。

        wavespaceセンターのグローバルなEYネットワーク

        wavespaceセンターはそれぞれが、IoT、AI、ユーザーエクスペリエンス、ブロックチェーン、データ分析、サイバーセキュリティといったデジタル機能の中核的研究拠点です。さらに、ある特定のコンピテンシー、イマージングテクノロジーに特化したwavespaceのサテライト施設もあります。

        ポップアップ/モバイル機能により、テンポラリーなスペース、または貴社の組織内で、wavespaceを立ち上げ運営することも可能です。

        EYには、wavespaceセンターのグローバルネットワークがあり、アイデアや製品の検討やテストをサポートしています。

        各wavespaceセンターは、デザイン、技術デモ、データラボ/インキュベーション、ワークショップなど、それぞれ独特な環境で構成され、専門家チームとテクノロジーを擁し、アイデアや製品の検討やテストを支援します。

        • デザインスタジオ

          デザイン環境は、貴社のチームをサービス設計、ユーザーエクスペリエンス(UX)、ユーザーインターフェイス(UI)、ラピッドプロトタイピングなどを利用して支援する、オープンでクリエイティブなスペースです。

        • ショーケース

          百聞は一見に如かず、と言います。ショーケース環境では、貴社チームに、仮想現実(VR)、AI、ロボティクスなどのテクノロジーなどのイマージングテクノロジーに没入する体験をしていただきます。

        • ファシリテイテッドワークショップ

          ワークショップ環境では、貴社チームの想像力を解き放ち、解決が困難なビジネス上の課題を特定して対処するために役立つ、インパクトのあるイベントを実行します。

        • ラボ/インキュベーター

          EYのラボ、インキュベーターでは、研究者と科学者が、最も優れたアイデアを見いだし、それを共有して拡大していけるような新しいテクノロジーを探し、育て、試験を行っています。

        • ポップアップ/モバイル

          貴社チームがEYのwavespaceがある場所まで来られない場合には、私たちがお伺いいたします。貴社のオフィスや会議センターなど、あらゆる場所でショップを構築し、ビジネスをスタートすることが可能です。

        お問い合わせ

        より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。