化学産業

企業は、コスト管理、デジタル化の促進、製品ポートフォリオの最適化により効率性を向上させることが可能です。

化学産業では利益率を維持・向上させるため、コストを削減していかなければなりません。業務のデジタル化に向けた投資が必要であり、この圧力はさらに高まっています。今ではビッグデータやアナリティクスを用いることによってプラントの生産能力を高め、低コストかつ持続可能なR&Dを推進し、ビジネス交渉を有利に進めることが可能です。

化学業界は統合により、さらなるテクノロジーの発展と優れた人材を必要としています。人材ギャップを解消するには、人材の早期発掘と育成、新しい採用メソッド、ミレニアル世代の活用など、新しい戦略が必要です。

EYは、スペシャリティケミカル、コモディティケミカルといった事業分野を問わず、テクノロジーを活用した持続可能なビジネスモデルを再構築し、企業の継続的な成長をサポートします。