IPOのレディネス評価

> IPO

新規株式公開(IPO)を成功させるには、上場日の前後に集中的なプランニングの取り組みが必要です。企業の上場を支援してきた長年の経験から、記念すべき日とその後に備えるサポートを提供します。

関連トピック IPO 起業家精神 Private equity

EYができること

IPOやセカンダリー上場についての取り組みから、最も重要なクリティカル・サクセス・ファクターとして以下のことを認識しています。

  • 単なる取引ではなく、変革的プロセスとしてIPOに取り組むこと
  • IPOの1年以上前から上場企業として行動し経営すること
  • IPO前からIPO後にわたって主要業績指標で競合他社を上回ること

上場に向けた準備や上場後の体系的なアプローチを採用すれば、時間やコストを節約し、不安を低減させることができます。このアプローチは戦略的考察やIPOプランニングとともに上場の12~24カ月前から始まります。

EY IPO value journey(IPOプランニング)
  • 戦略的考察およびIPOに向けた計画立案の段階

    IPOの12~24カ月前
    • ギャップを埋め、初期段階でのIPOの基本見通しを作り上げるためのIPOレディネス・ヘルス・チェックおよびIPO候補地評価
    • IPOや戦略的な選択肢のロードマップづくり、リソース・プランニング・サービス
    • IPOプロジェクトマネジメント
    • エクイティストーリーやKPI報告を細かく調整するためのビジネスモデリング
    • アナリストとの議論に備えるためのバリュエーション
    • アナリストガイダンスに向けた予測システムの向上サービス
    • IPOビークルおよび透明性の高いグループ構造の確立
    • 個人、株主および企業レベルでの税務の最適化およびプランニング
    • IPOファクトブック
  • IPOに向けた準備の段階

    IPOの6~12カ月前
    • 外部のIPOアドバイザー選定のサポート
    • 内部統制、内部監査、リスクおよびコンプライアンス管理
    • IFRSやUS GAAPなど、国際会計基準へのGAAPコンバージョン
    • セグメント報告およびCSR報告の確立
    • 業績開示期間に間に合わせることを目的とした財務諸表を迅速に作成する能力の改善および魅力的なITシステム
    • 財務状況の開示および社内の投資家向け広報活動部門の準備
    • コーポレートガバナンス構造の導入サービス

IPOへの準備を整えるということは、必然的に以下の変革を実施しなければいけないことを意味します。

  • 組織の変革
  • リーダーシップおよび経営陣の責任
  • 透明性
  • 所有構造および統制
  • 優れた財務部門
  • 投資家への約束の遂行

私たちはIPOレディネス評価を実施して、貴社にとって必要になる最も重要な変革を特定するサポートをします。

まずは資本上の課題と戦略的選択肢としてIPOを検討します。マルチトラックアプローチの相対的なメリット、IPOのメリットとデメリットを比較し、上場会社になることはどのようなことかを学ぶ支援をします。

重要なのはIPO市場を理解することです。EYでは、最高のタイミングで行動に移すサポートとなるデータを紹介し、意思決定を後押しする詳細な市場分析をお届けします。

国内や海外での上場の相対的メリットを評価します。

最後に、上場会社として優先事項を見極めるお手伝いをします。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。