コネクテッド・キャピタル・テクノロジー

> ストラテジー・アンド・トランザクション

より深度ある分析と迅速な知見の提供を可能にするテクノロジーが、クライアントの皆さまの資本戦略、M&A戦略の策定から実行に至るプロセスにおける、より優れた意思決定を可能にします。一連の最新のテクノロジーを探求してください。 未来のM&Aへようこそ。

ビッグデータの世界におけるディール締結

M&Aでは、適切な資本戦略とM&A戦略、さらに価値を高めるための効果的なディール実行とをバランス良く組み合わせなければなりません。うまくM&Aを実行できれば、競争に一歩先んじることとなります。一方、しくじれば遅れをとることになりかねません。

世の中がますますデータに満ち溢れてゆく中、適切なM&Aがますます困難になっているのが現実です。未来のディールメイキングでは、さらに膨大な情報の収集、処理、分析、解釈がこれまで以上に必要になるでしょう。つまり、競争力を発揮するためには、従来の方法ではもはや効果がない、ということです。

こうしたデータの力を解き放つために、EYでは目的に応じて構築したM&Aテクノロジーやアプリケーション開発を進めています。私たちはこれを、コネクテッド・キャピタル・テクノロジーと呼んでいます。コネクテッド・キャピタル・テクノロジーはAI、自動化、高度な分析を含む最先端のテクノロジーを搭載し、事業の創業から統合までのM&Aのさまざまな課題に対処する、カスタマイズされたソリューションです。エンド・ツー・エンドのパッケージとしても、あるいは個別のアプリケーションとしても利用いただけます。

データを燃料とし、テクノロジーを駆動力としますが、それを動かすのは人です。

成長戦略やポートフォリオの再構築からM&A、事業売却(ダイベストメント)、合併後の統合や再構築まで、コネクテッド・キャピタル・テクノロジーは膨大な量の社内外の構造化、非構造化データを処理します。これによって、EYのプロフェッショナルは実行可能な知見を、これまでよりも早く、また深いレベルで提供することができるのです。結果として、貴社は事実に基づくより良い意思決定を行って、M&Aによってもたらされる成長への意欲を実現し、優位な立場を維持できます。コネクテッド・キャピタル・テクノロジーは幅広い分野でご利用可能ですが、ここでは私たちEYの主力投資部分について詳しく見ていきましょう。

コネクテッド・キャピタル・テクノロジーでM&Aの成功戦略を得る

ディールは競争をさらに激化させています。ターゲットの特定はこれまでよりも難しく、その確保は一層困難になっています。M&Aを活用した成長の実現に向け、それに適した戦略設定をする際に、テクノロジーはどのように役立つのでしょうか?

  • EY Embryonic

    今後も混乱が激化する中、従来の線形成長アプローチでは十分とはいえません。今や世界はエコシステムをベースに築かれています。貴社のエコシステム、さらに競合他社のエコシステムをも理解することが、ファストトラッキングなイノベーションには欠かせません。しかし多くの会社が、効率的なアプローチの構築に苦心しています。

    EY Embryonicは、資金の流れとM&Aトランザクションをマッピングし、従来の企業と革新的な企業との関係を可視化することによってエコシステムに命を吹き込む、パワフルなクラウド型プラットフォームです。EY Embryonicを使用すれば、その知見を迅速に得て事実に基づいた投資先の決定が行えるため、より良い明日に向けたビジネストランスフォーメーションが可能となります。

  • Full Potential Paradigm™

    株主価値の最適化に主眼を置いた入念な事業戦略の策定は、達成可能な目標の設定と、目標へたどり着くためのさまざまな道筋の評価から始まります。EYパルテノン独自の診断フレームワークであるFull Potential Paradigm™が、お客さまを成功へと導きます。

    Full Potential Paradigm™は、パフォーマンス目標の確実な設定、投資の優先順位付け、市場評価の理解と推進、およびリスクの軽減を支援する、データ駆動型の構造を有しています。

    詳しい内容を知る

コネクテッド・キャピタル・テクノロジーで堅牢なトランザクション実行を促進しディールバリューを創出する

知識とは力の源です。ディールから得られる大量の情報から適切な知見を適切なタイミング、適切な速度で得るために、テクノロジーはどのように役立ちますか?貴社のディール交渉を円滑に進めるため、プロセスを合理化してより実践的なディールチームを組成し、M&A取引のライフサイクルに対する需要を巧みに管理して価値を生み出します。

  • トランザクションアナリティクス

    私たちが事業展開しているのはビッグデータの時代です。このことは大きなチャンスであると共に、企業にとって難しい課題でもあります。誤解や分析の誤り、または単にデータを見落としただけでも、リスクは測定困難となり、機会の損失へとつながります。

    EYトランザクションアナリティクスの製品には、複雑さが増す中でもスピード感を持ってより明確な意思決定が行えるよう、データインテリジェンスや視覚化、高度なトランザクションアナリティクス、ソーシャルメディア分析、ベンチマーク分析が網羅されています。

    詳しい内容を知る

     

  • EYキャピタルエッジ

    もし、速度、価値の両方を最大化し、トランザクション内でありがちな機能領域の断絶を無くすことでチームを強化して、貴社がより迅速に、また対象を絞り、多くの情報に基づいたトランザクションの意思決定を行える方法があるとしたらどうでしょうか?トランザクションに向けた統合された真のソースがあるとしたら?

    それが、Capital Edgeです。Capital EdgeはWebベースの安全かつリアルタイムなデータ、分析、コラボレーションプラットフォームであり、プログラム管理、財務、運用の各モジュールで構成され、トランザクションライフサイクル全体にわたって貴社をサポートします。

  • M&A税務における自然言語処理アプリケーション

    合併や買収活動は課税への影響があります。EYのトランザクションタックス専任のプロフェッショナルが、トランザクションの価値における税の正しい解釈を考慮し、さらに複雑さを増すグローバル税務が持つ潜在的な影響から貴社を守るべくサポートします。

    こうした状況の管理とは、世界中の多数の管轄区域(国や地域など)から得られる複数の成果物の処理を意味します。EYチームは特化したプロセス自動化アプリケーションを使用し、デューデリジェンスプロセスやレポートの部分自動化を体系化することによって、これら成果物の品質と一貫性とを向上させます。つまり、EYのプロフェッショナルが最善を尽くし続けることができるということ、またより良く、より商業的な見地からの洞察、トランザクション・タックスに関する価値あるコンサルテーションを提供するということを意味しています。

    トランザクション・タックス について詳しい内容を知る

  • EY Digital Direct

    貴社のディールは動的であるのに、なぜそのレポートを静的にする必要があるのですか?

    EY Digital Directはタブレットやデスクトップ上の単一オンラインプラットフォームであり、ディールのレポートおよび分析へのワンストップで安全なオンデマンドアクセスを提供します。EY Digital Directはデータと対話する機能を備え、ディールチーム間での双方向コラボレーションを高めるため、スピード感を持ったディールの意思決定を行うことができます。