シナリオプランニングと戦略的予測

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡⼤により、顧客の需要やサプライチェーンの在り方に加え、これまでに用いられてきた経営に関わるさまざまな予測⽅法が⼀変しました。多くの企業が、この変化に対応し、迅速な意思決定を⾏うために必要なプロセスやツールを備えていません。

EYができること

市場の不確実性がかつてないほど⾼まっている中で、企業は、今回のパンデミックが財務に及ぼす影響や、業績回復に必要な手段を迅速に把握する必要があります。取締役会、投資家、規制当局、新たなステークホルダーから提起される問題は、顧客の需要、流動性、サプライチェーンの安定性、資本配分など、テーマも内容も実にさまざまです。EYチームは、クライアントがあらゆるデータを活⽤して将来起こり得るさまざまな事態を適切に分析し、戦略、財務モデリング、オペレーションへの影響を把握することにより需要予測とシナリオプランニングを適切にコントロールできるようサポートします。

また、回復にかかる期間やその他のマクロ要因、成⻑予測、パンデミックがサプライチェーンに与える影響、主要な業績指標をはじめとするさまざまな予測に基づいて、⼗分に情報を得た上でクライアントが戦略的な意思決定を下すための⽀援を⾏います。具体的には以下を実現できるよう、EYのプロフェッショナルがクライアントをサポートします。

新たなKPIと、それぞれに関連した事業ドライバーの特定および優先順位の決定

  • マクロ経済、商業的要因、その他の市場要因を踏まえて業績向上のための主要なドライバーを定義する
  • デモグラフィック(人口統計学的属性)とサイコグラフィック(心理学的属性)の両方を取り込み、顧客需要のリスクを測定する
  • 新たなテクノロジーとアプローチの導入を促進することにより、社内外のデータを収集・整理し、KPIを継続的に更新して財務計画・分析(FP&A)ツールにドライバーを組み込む

堅牢なシナリオプランニングとストレステストの導入

  • 新たに入手できるようになったデータを活用して仮説を継続的に生み出し、複数の行動指針を迅速にモデル化してストレステストを実施する
  • ウイルスの地理的拡散と地方自治体による対応、講じられる可能性のある介入戦略などの要因を予測し、それに備える計画を立てる
  • シナリオに伴う財務面とオペレーション面のトレードオフと機会を評価する体制づくりをサポートする
  • 統計分析と予測モデリングを活用して不確実性とリスクを数値化する

コーポレート・ファイナンスの各種予測への適用

  • 戦略、資本構造、オペレーションに関わる具体的なアドバイスを行う
  • 強固な計画を策定し、ダウンサイドシナリオでのリスクの軽減やアップサイドシナリオの増分価値の獲得を図る
  • オペレーションモデル、ビジネス環境、市場や経済のダイナミクスの変化により生じる可能性のある戦略的な代替案を評価する
  • 投資計画の停止または再開による影響を把握し、資本配分を改善する
  • 買収、ダイベストメント(事業売却)、合弁事業の可能性と、それぞれからどのように付加価値を生み出すかを基準にポートフォリオを見直す

効果的なシナリオプランニングを⾏うことで、顧客⾏動の変化に伴う、今後のビジネス環境の動向に対する視点を再構築するために必要な時間を⼤幅に短縮できます。適切なデータやガバナンス体制、分析ツールを整備することで、既存のコマーシャルモデルとオペレーションモデルをより的確に⾒直し、パンデミックを乗り越え、事業を再び成⻑させる有効な計画を策定することが可能になります。

EYのシナリオプランニング・コンサルタントにお問い合わせください

新型コロナウイルス感染症がまん延する困難な状況においてもEYがサポートします。

ウェブキャスト:予測とシナリオプランニング

不確実な時代における需要予測、リスク評価、資本配分に関するEYのウェブキャストをご視聴ください。

再生する