新型コロナウイルス感染症に対応した流動性の確保と運転資本の管理

> ストラテジー・アンド・トランザクション

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、あらゆるセクターとあらゆる地域の企業が、未曾有の混乱と先行き不透明な状況に直面しています。EYのチームはクライアントと緊密に連携し、短期キャッシュフロー、借入契約条項、税務上の影響、政府系機関からの資⾦調達手段の利⽤などの個別の課題に対処する⼀⽅で、さまざまな状況下で⽀払い能⼒を維持するための対策について提⾔を⾏っています。

EYができること 

多くのマネジメントチームが短期的なキャッシュフローとそれを左右する運転資本を効果的かつ持続的に管理するべく尽力していますが、新型コロナウイルス感染症による危機のために、かつてないほどさまざまな課題が積み重なっており、一筋縄ではいかなくなっているのが現状です。

これまで私たちは、あらゆる状況に置かれた企業を支援してきました。資金繰りに苦しむ企業から、事業の継続を目指す企業、そして新型コロナウイルス感染症に絡んで、ステークホルダーとどのように関わることがベストなのかを検討する企業に至るまで、実にさまざまです。

EYのプロフェッショナルは豊富な知識と実質的なサポートとの両面から、以下のような流動性の課題に取り組むクライアントを支援しています。

  • 現金の一元管理と可視化
  • キャッシュポートフォリオ強化策と正確なキャッシュフロー予測を可能にするダイナミックな手法の確立
  • 既存のハードクレジットとソフトクレジットの保護
  • ファイナンスとオペレーションの間の混乱が流動性に与える影響の管理
  • 顧客資産のリスクエクスポージャーと回収関連の管理強化
  • コスト削減と支払期限延長によるキャッシュアウトフローの削減

新型コロナウイルス感染症による危機が世界各地の組織にさまざまな課題を突き付けています。EYのグローバルネットワークは、過去10年でクライアントに400億米ドル超のキャッシュフロー増加をもたらしました。EYには、短期流動性要件の明確化や中長期資金フローの検討を目的としたキャッシュフロー予測の作成と分析の経験と知見があります。

この不安定で困難な状況下、サポートが必要な方は、ご連絡ください。

EYは、重要な問題提起を通じ、効果的な危機管理、事業のレジリエンス(回復力/復元力)と継続性を実現します。

2020年3月19日のウェブキャスト「新型コロナウイルス感染症と回復力のある企業:不確実性を乗り越える方法」

視聴する