税務係争の対応および租税政策

情報共有がクロスボーダーで行われ、税務当局の執行体制が厳しさを増す中、企業はリスク低減、意思決定の強化、コスト効率の向上のために行動しなければなりません。

税の問題は国境を超えてつながりつつあります。各国政府は納税者情報の収集と共有を推進しているため、ある国・地域における税負担などの変化がグローバルレベルで影響する可能性があります。その結果、税務争訟は1カ国の納税者対税務当局という二面的な関係から、多国間かつ多面的な関係へと変化しつつあります。

企業は、 自社の人員、方針およびシステムがこうした変化についていけるように対策を講じる必要があります。企業には、課題や将来の係争の可能性を見通す力とともに一元化したグローバルな戦略が必要となります。税務当局と 意見の相違が生じた場合、税務当局と企業間の「架け橋」となるリソースを確保しておくことは重要です。

グローバルに一元化されたプロセスで税務当局対応を行うリーディング・プラクティスをはじめ、相互に関連し合う環境に対応するために有益な情報を紹介します。 

メールで受け取る

ニュースレターで最新情報をご覧ください

登録する

2017‐2018年税務リスクと税務係争に関する調査シリーズ

最新の調査では、税務当局の視点と企業が税務リスクに対してとるべきグローバルアプローチを紹介しています。

詳細を表示

税務アラート・ニュースレター

EY税理士法人やEYが発行したニュースレター・アラート等を紹介します。

詳しく知る

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。