サイバーセキュリティ

新型コロナウイルス感染症( COVID-19)の危機に直面する中、組織がサイバーレジリエンスを維持するには?

進化する市場において成長を遂げ、差別化を図るには、革新的な技術を積極的に活用することが必要となっています。組織は増加し続けるセキュリティリスクにさらされ続けているため、このような変化に対応した効果的なセキュリティ対策をしなければ、顧客やステークホルダー、市場の信頼を失い、リスクの増加が続くおそれがあります。

今こそ、組織を守る新たな対策に乗り出す時です。日々のレジリエンスを確かなものとし、リスクやセキュリティを初期段階から見据えた主体的、実用的、戦略的なアプローチが必要です。このアプローチが「セキュリティ・バイ・デザイン」です。

リスクを回避するのではなく、トランスフォーメーションとイノベーションを推進するため、自信をもって積極的にリスクテイクする—「セキュリティ・バイ・デザイン」は、システムやプロセス、データ自体に信頼性を持たせることで、これを実現します。

新型コロナウイルス感染症がもたらしたプライバシー

EYと国際プライバシー専門家協会(IAPP)は、リモートワーク、従業員の健康管理、データ共有に関する調査を開始しました。

IAPP.orgからレポートを入手する

エンタープライズ・レジリエンス・フレームワークで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)危機を乗り越える

テクノロジーと情報セキュリティは、エンタープライズ・レジリエンス構築のためのフレームワークを構成する9つの重点分野のうちの1つです。現在から次へ、そして新型コロナウイルス感染症を乗り越えたその先の将来のために、テクノロジーと情報セキュリティにはどのようなアクションが必要か、チェックリストをご確認ください。

詳しく知る

グローバル情報セキュリティサーベイ(GISS)2020

組織の3分の2がサイバーセキュリティは後付けするものだと考えていることが、今年のグローバル情報セキュリティサーベイ(GISS)の結果で明らかになりました。

詳しく知る

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。

エンタープライズ・レジリエンス・フレームワークで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)危機を乗り越える

テクノロジーと情報セキュリティは、エンタープライズ・レジリエンス構築のためのフレームワークを構成する9つの重点分野のうちの1つです。現在から次へ、そして新型コロナウイルス感染症を乗り越えたその先の将来のために、テクノロジーと情報セキュリティにはどのようなアクションが必要か、チェックリストをご確認ください。

詳しく知る