ダイバーシティ&インクルーシブネス(D&I)- EY Japanの取組み

EY Japanは、より良い社会の構築を目指して、一人一人の能力を最大限に引き出し、魅力ある職場づくりに取り組んでいます。

お問い合わせ

D&I - EY Japanの取組みについて、詳細はこちらからお問い合わせください。
 

連絡する

D&I 活動方針

プロフェッショナル・ファームであるEY Japanでは、メンバー一人一人が財産です。より良い社会の構築を目指していくために、一人一人の能力を最大限に引き出し、魅力ある職場づくりを通じて高い成果を上げるチームを作ることが必要です。その前提となるのが、ダイバーシティ&インクルーシブネス(D&I)です。

人種、国籍、文化、宗教、信条、障がい、性別、年齢、出身地、性的指向および性自認、価値観、働き方などを異にする多様な人材を受け入れ、一人一人の能力を最大限に発揮できる環境は、相互理解を促進し、日本経済のグローバル化へ対応していく上でも大切だと考えています。

EYでは「インクルージョン及び差別の禁止に関するグローバルポリシー」を施行し、個人の特徴に基づく差別、ハラスメント、いじめ、そして不当な圧力のないプロフェッショナルなビジネス環境を維持することに取り組んでいます。

取組み

ダイバーシティとは「違い」のことです。
インクルーシブネスとは、これらの「違い」をうまく活用することです。EY Japanは特に 「ジェンダー(性差)」 「マルチカルチャー」 「障がい者」「LGBT+」「ワークライフマネジメント」を D&I の取組みの重点領域と位置付けしています。

*EY Japanは、EYの日本におけるメンバーファームの総称です。

推進体制

VRのヘッドセットを使っている男性と女性

女性活躍推進

女性活躍推進は、EY Japan のD&Iの取組みの一つの柱です。管理職の女性比率の向上および男性の仕事と家庭生活の両立を促進することにより、男女共同参画をさらに進め、多様性の高い活力ある組織づくりを目指しています。

詳しく知る

ワークライフマネジメントの推進

一人一人が自分のライフ(プライベート)およびワーク(キャリア)をマネジメントしていくことをサポートするため、「ワークライフマネジメント」という考え方を推進しています。

詳しく知る

機械を研究している女性
パソコンで仕事をする男性

障がい者活躍推進

EY Japanは、障がいを持ったメンバーが能力を最大限に発揮できるようサポートしています。ユニバーサルデザインに基づいたオフィス設計やテクノロジーを利用したサポートの促進を目指し、環境改善の取り組みを進めています。会計士であり弁護士であったEYの共同創業者アーサー・ヤングは、聴覚と視覚に障害があり、自ら起業して会計士という職業を専門職にまで高めました。

詳しく知る

LGBT+のメンバーが自分らしく働ける環境作り

EYはLGBT+などの性的マイノリティに関する施策を積極的に推進しています。全世界のメンバーが自分らしく働ける職場を目指しています。

詳しく知る

機械を研究している女性
パソコンで仕事をする男性

マルチカルチャー

EY Japanは、互いに学び合うことで起きるポジティブな変化によって、メンバーのパフォーマンスが上がり、人生がより豊かになるような組織風土を目指しています。文化や言語など、さまざまなバックグラウンドを持つメンバー同士の交流を通じた相互理解の促進のための交流イベントを行っています。

詳しく知る

D&I関連の外部認証、アワード受賞紹介

EY JapanのD&Iのロールモデルの存在や先進的な取組みによって、さまざまな認証や表彰を得ています。

EY Japan の Chairman & CEO 辻 幸一が、内閣府「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の行動宣言に賛同

2016年6月にEY新日本が子育てサポート企業として2回目の「くるみん」認定を取得

2018年10月にEYストラテジー・アンド・コンサルティングが最高位の「えるぼし」を取得

2018年3月、EY新日本がJ-Wiinダイバーシティ・アワードで「ベーシックアチーブメント準大賞」を受賞。監査業界で初の受賞

EY Japanは、work with PrideのLGBT+に関するダイバーシティ・マネジメントで4年連続で最高水準の「ゴールド」と認定

お問い合わせ

EYのダイバーシティ&インクルーシブネス(D&I)に関するお問い合わせは、
以下までお寄せください。