ニュースリリース

2021年10月29日 東京, JP

EY Japan、渋谷区・パソナグループと女性起業家育成を目的としたメンタリング&ピッチプロジェクトを共同開催

EY Japanは、渋谷区、株式会社パソナグループ(以下、パソナグループ)と共同で、女性起業家の育成を目的としたメンタリング&ピッチプロジェクトを開催します。

プレス窓口
EY Japan

複合的サービスを提供するプロフェッショナル・サービス・ファーム

EY Japanは、渋谷区、株式会社パソナグループ(以下、パソナグループ)と共同で、女性起業家の育成を目的としたメンタリング&ピッチプロジェクトを開催します。EY Japanでは、10年前より女性経営者のネットワークを構築し、ビジネスコンテストやアクセラレータプログラムを展開してまいりました。グローバルレベルで各種支援プログラムを幅広に提供しております。

EYの女性活躍推進プロジェクト


渋谷区は、世界に伍するスタートアップエコシステム拠点都市を目指し、多様な取組みを実施しています。海外スタートアップ企業向けポータルサイト「Shibuya Startup Support」による国内外への情報発信や、産官学連携の組織である「Shibuya Startup Deck」によるスタートアップフレンドリーな環境作りなど、スタートアップエコシステムの形成・発展のための支援を行っております。

パソナグループでは、志を持ってチャレンジするベンチャー起業家を育成するプログラムを実施しています。2014年からは女性に特化した起業家育成および事業支援プログラム『Ladies Be Ambitious(レディース・ビー・アンビシャス)』を開始し、これまで約120名を育成、37名の起業家を輩出してまいりました。2020年4月からは、女性起業家・スタートアップの事業成長をさらに後押しするため、事業プランコンテスト『Queen Award for Startups』を開催、パソナグループのノウハウを活かし起業に向けて継続的なサポートを行っています。

渋谷区、パソナグループ、EY Japanがこの度共同開催するメンタリング&ピッチプロジェクトでは、シードステージからミドルステージの女性起業家を対象に、勉強会・アクセラ・相談会を3本柱とする育成プログラムを実施いたします。勉強会では、女性起業家にニーズがある項目の専門家を講師に迎え、オンラインとリアルを交えて実施いたします。アクセラプログラムでは、外部からメンター・アドバイザーをお呼びし、ビジネス・ブラッシュ・アップとピッチ準備のためのメンタリングを受けることができます。最終発表会となるピッチでは、専門家からのアドバイスもいただきます。相談会では、士業を中心とする専門家や先輩経営者を招く予定です。これらの支援により、日本の女性起業家のビジネス成長を支え、イノベーション醸成に貢献してまいります。

2021年10月29日より、本プロジェクトに参加する女性起業家(メンティー)の公募を開始いたします。
以下募集要項をご覧いただき、ご応募ください。

募集要項

プロジェクト概要:
女性起業家育成を目的とした勉強会・アクセラ(ピッチ含む)・相談会を実施(フル・オンラインも可)
シードからミドルステージの女性起業家7名程度を募集

メンタリング実施期間:
12月~2月の間に数回予定(チーム毎に日程調整)

ピッチイベント:
3月中旬予定(ピッチ起業家確定後、プロジェクトチームがスケジュール確定)

応募条件:
渋谷区周辺での事業展開に興味のある、シードからミドルステージの起業家、もしくは起業家を目指している女性。
学生も応募可。 

参加費用: 無料

募集期間: 2021年10月29日(金)~11月12日(金)

以下のURLより、お問い合わせ種別「その他」を選択し、「お問い合わせ内容」に以下全ての内容を入力の上送信してください。
https://shibuya-startup-support.jp/jp/contact/

・お問い合わせ種別「その他」を選択してください
・「女性起業家育成メンタリング&ピッチプロジェクト参加希望」である旨
・ お名前、会社名、役職名
・プロフィール
・事業内容
・現在の年商規模
・会社ウェブサイトURL(あれば)
・応募動機(このプロジェクトで達成したいこと、メンターに期待すること)
ビジネスゴール

応募者が多数の場合プロジェクトチームにて応募内容を確認し、ご連絡いたします。
なお、本申し込みサイトは、渋谷区の問い合わせフォームを共同で使用しております。
入力いただいた内容等は3者で共有させていただきますので、ご承知おきください。

EYについて

EY  |  Building a better working world
EYは、「Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)」をパーパスとしています。クライアント、人々、そして社会のために長期的価値を創出し、資本市場における信頼の構築に貢献します。
150カ国以上に展開するEYのチームは、データとテクノロジーの実現により信頼を提供し、クライアントの成長、変革および事業を支援します。
アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクションの全サービスを通して、世界が直面する複雑な問題に対し優れた課題提起(better question)をすることで、新たな解決策を導きます。
EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。EYのメンバーファームは、現地の法令により禁止されている場合、法務サービスを提供することはありません。EYについて詳しくは、ey.comをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ

EY Japan BMC  (Brand, Marketing and Communications)

報道関係者の皆さま:TEL. 03 3503 1037

報道以外について:TEL. 03 3503 1100(大代表)