プライベートエクイティによる価値の創出

> Private equity

EYでは着想を得るところから結果に至るまで、キャッシュや利益の改善を加速度的に進めることにより、プライベートエクイティ企業やスポンサーによる投資の実行に資するペースで実践的な価値の創出に取り組んでいます。

EYができること

高いバリュエーション、過去最高レベルにある手元資金、競争の激化を原因として、プライベートエクイティ企業が目標とするリターンを達成するには、業務の改善箇所を特定し、それを実行することがますます重要になっています。

EYでは、複雑なカーブアウト、部門のトランスフォーメーションや経営難など、私たちが最も得意とする状況に優先的に対応しています。どのような状況であれ、価値の創出に取り組む際は、トランザクションアドバイザリーサービスの知識を活用します。

EYでは、内部データやアナリティクスをプロセスの各段階で活用することによって分析を加速させ、貴社が適切な戦略を策定し、業績を高め、成長を可能にし、出口を最適化できるよう支援しています。チーム一丸となって、スピード感の面で妥協したり成果を犠牲にしたりすることなく、経営陣を味方に付け続けることに注力します。

EYはお客さまと共に、以下の問いに対する答えを導き出します。

  • オリジネーションから出口までの間に、どれほどの価値を生み出せるか
  • アナリティクスをどのように使えば、価値の向上に向けて隠された機会を見つけられるか
  • デューデリジェンスで得た知見を実行可能なトランスフォーメーション計画に転換するにはどうすればいいか
  • 経営陣やスポンサーを味方に付けたまま、出口までのペースやリターンを最適化するにはどうすればいいか

EYの価値創出チームの中核的な目標は、投資リターンの増大です。ディール前からスポンサーと密接に協働してバリュー向上のビジョンに対する確信度を高め、ディール後は投資先企業の管理にまでサポートを拡大することにより、出口までの機会を計画し実行する支援を行います。

EYは価値創出のライフサイクル全体にわたる経験を有しています。

  • 変革を導くリーダーシップ

    投資プロセス全体にわたってパフォーマンスを向上させる機会を識別し、実行に移すサポートには以下のようなものが挙げられます。

    • 価値創出のためのデューデリジェンス – 価値向上のスケール、範囲、実行可能性についての助言を通して投資テーマを裏付け
    • 100日計画の立案 – ディール後の価値向上に向けた明確な青写真を準備
    • 価値向上のサポート – 価値向上に向けて、熟練したリーダーシップ、実用的なPMO、高度な実務経験を提供
    • 経営難に対するサポート – 状況が変化し、計画から大きくそれた場合は、EYの再建チームがリーダーシップや助言を提供

    詳しい内容を知る

  • 成長サービス

    EYでは戦略的能力を高め、買収後に成長を再加速させる支援を行っています。 私たちが提供するサービスには、従来ある成長加速要因(成長戦略、価格設定管理、ポートフォリオの最適化など)と、デジタルトランスフォーメーション戦略(デジタルビジネスモデル、テクノロジーの利用可能性など)の両方が織り込まれています。

    詳しい内容を知る

  • 部門のトランスフォーメーション

    バックオフィス機能の変革やシェアードサービス導入のサポートにおいては、デジタルツールを活用し、効率性を高めます。

    • 財務、人事、IT部門(すべてテクノロジーを活用)
    • シェアード・サービス・センターの最適化
    • 人件費の削減
    • デジタルを活用したバックオフィス
  • オペレーティングモデルの効率性

    サプライチェーンプロセス全体やオペレーティングモデルのアーキタイプに対する知識を活用し、業務の効率化やコスト削減が可能な分野を特定し実行に移します。これによる効果は、複雑な多国籍企業において顕著に表れます。税務およびサイバーセキュリティに関する検討事項をシームレスに統合し、実現可能なメリットを最適化させます。

    詳しい内容を知る

  • キャッシュフローおよび運用資本管理

    市場をリードするキャッシュチームが、バランスシートからキャッシュを生み出すことによって流動性要件に対する透明性を高め、自己資金を大きく変革します。危機が発生した場合や、流動性が逼迫(ひっぱく)した場合の現金の管理にも、あらゆるサービスを提供します。基本となるキャッシュサービスには以下のようなものがあります。

    • 運用資本管理(売掛金、買掛金、棚卸資産の最適化)
    • 現金額の予測・管理
    • 経営難時のキャッシュサービス

    詳しい内容を知る

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。