リストラクチャリングとターンアラウンド(再建)

ディスラプション(創造的破壊)は、とどまるところを知りません。その組織に適したリストラクチャリング戦略やターンアラウンド戦略は、逆境をチャンスに変える一助となり得ます。

組織のディスラプションは今に始まったことではありませんが、今日の環境においては、より複雑になっています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックや地政学的な不確実性、国際取引の規制、テクノロジーとサプライチェーンのディスラプションから、顧客チャネルの変化、流動性の問題、法制度の改正、物言う株主に至るまで、不確実性の増大を背景に、企業は過去に例を見ないほど、内外の要因に端を発する喫緊の課題に直面しています。企業が価値を創造し、守り、回復するためには、レジリエンス(回復力/復元力)とアジリティ(機動力)を高める必要があります。

ビジネスの再構築は、経営再建であれ、財務の再構築であれ、企業とそのステークホルダーにとっての価値を守る上で不可欠なツールになり得ます。借り換えやキャッシュフローの改善から、資産の売却や債務管理に至るまで、経営層が組織の価値を維持・向上させるためにはさまざまな方法があります。

グローバルな連携と現地での地に足着いた対応。デジタル化の推進とスマートアナリティクスの活用。EYは、このような実用的かつ実践的なアプローチに加え、各セクターの豊富な経験と中立的立場からの助言を行うことで、経営トップがより良い未来に向けて組織を再構築するためのサポートを行い、成果を上げています。

ウェブキャスト

「デジタル戦略が共存する業績改善戦略 ~攻めのポートフォリオ経営に不可欠な“Value Creation”の実践~」をアーカイブ動画でご覧頂けます。

再生する

困難な状況下、支援が必要な場合はお問い合わせください。

EYは、重要な問題提起を通じ、効果的な危機管理、事業のレジリエンス(回復力/復元力)と継続性を実現します。