スタートアップ

急成長を目指すスタートアップ企業の目標達成を支援します。

EYは、個別のガイダンス、EY独自のデジタルツールへのアクセス、ネットワークの構築、知見の共有を通じて、急成長を目指す世界中の企業を支えています。

EYの豊富な経験と、EY Velocityをはじめとする新しいデジタルプラットフォームを活用し、未来のグローバル・マーケットリーダーを目指す起業家の皆さまの成長過程をあらゆる面でサポートします。

スタートアップ・エコシステム全体の発展に寄与し、新たなイノベーションを生み出す専門チーム「EY Startup Innovation」を設置

EY Japanは、2020年11月、スタートアップを支援する専門チーム「EY Startup Innovation」を設置しました。本チームは、スタートアップを支援するために各分野においてスタートアップに精通した専門的な知見を持つ人材を集結しており、包括的なワンストップサービスを提供します。

詳しく知る

拍手している女性

関連記事

スタートアップ企業への投資における優先株式と諸契約について

多くの企業がスタートアップとの協業を進めるべく、スタートアップへの投資を積極化しています。本稿では、スタートアップ投資において近年活用される優先株式および投資時に締結する投資契約および株主間契約の主な内容について概説します。(情報センサー2021年5月号)

「情報センサー」は EY新日本有限責任監査法人が毎月発行している定期刊行物です。国内外の企業会計、税務、各種アドバイザリーに関する専門的情報を掲載しています。「情報センサー」について詳しくは、こちらをご覧ください。

スタートアップ企業における株式交付制度の活用場面

会社法の見直しにより新たに創設された株式交付制度は、スタートアップ企業において、資産管理会社への株式移動のほか、今後増加が見込まれるスタートアップ企業のEXIT戦略の一環としてのM&Aと、スタートアップ企業が買収を仕掛ける際のM&Aの双方の観点から非常に有用な制度であると考えられます。本記事では、スタートアップ企業における株式交付制度の活用場面についてご紹介します。(税務アラート・ニュースレター 2021年12月24日)

若い起業家のためのスマートな課税

政府は税務や規制の変更を通じ、どのようにスタートアップをサポートできるのか?

詳しい内容を知る

コロナ禍において、企業はオープンイノベーション・CVCにどのように向き合っていくべきか

ここ数年、オープンイノベーションのパートナーとして、スタートアップの存在感が、かつてなく高まっています。有望なスタートアップに投資し、協業を行っていくという観点で見ると、今の状況はチャンスでもあります。現在のコロナ禍において、企業はオープンイノベーション・CVCにどのように向き合っていくべきでしょうか。
 

PDF資料をダウンロード

拍手している女性

志を実現する

EYのクライアントの90%を占めるプライベートビジネスに対し、私たちは実用的で豊富な経験を持っています。

アドバイザーとともに、志を実現しましょう。

詳細を表示

 

 

 

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。