持続可能な開発目標

国連の持続可能な開発目標を達成する上で、企業は非常に大きな役割を果たします。

2015年に193の国連加盟国が、2030年までに貧困を終わらせ、不平等と不公平を撲滅し、気候変動対策に取り組むことを目指し、17項目の持続可能な開発目標(SDGs)を採択しました。

SDGsは、経済的インクルージョン、天然資源の枯渇、環境劣化、気候変動の影響といった幅広い問題をカバーしています。国連、国際機関、政府、全世界の企業、学術機関、非営利団体などがSDGsの策定に関わりました。

また、多くの企業も環境・社会・経済の問題に取り組むために協力しています。これらの企業は、取り組みをスケールアップし、同業他社、業界・セクター団体、顧客、政府、非営利団体、そして社会全体と協力しない限り、複雑なサステナビリティの問題に対処することはできないことを認識しています。

SDGsは明確なビジョンに基づく枠組みを示しています。企業はSDGsの達成において重要な役割を果たし、そのプロセスで多くのものを得るでしょう。

メールで受け取る

ニュースレターで最新情報をご覧ください。 

登録する

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。