チェンジマネジメント

混乱が広がり、複雑化していく社会の中で、より良い組織体制への従業員の期待も高まっています。チェンジマネジメントへの新しいアプローチを採用することは、トランスフォーメーションの成果を向上させることにつながります。

関連トピック 人材・組織

EYができること

競争の激化、従業員の期待、デジタルディスラプションなどの力に押され、今日の組織はすっかり疲弊しています。トランスフォーメーションはもはや選択肢の1つではなく、必須条件なのです。

社会の複雑さに拍車がかかる中、組織は自らのトランスフォーメーションに苦戦してきましたが、持続可能な変化の達成は手の届くところにあり、無謀な取り組みではなくなってきました。

強力なインサイトツールであるEY Change Insightsを基に、一人ひとりに合わせた体験型のアプローチでチェンジマネジメントに取り組むのが、この新しいEY Change Experienceです。

クライアントの体験とハーバード・ビジネス・スクールの調査を参考にしたChange Experienceのアプローチは、成功に大きな影響を与える4つの共通要因を取り入れています。そして、革新的な方法で従業員に変化を体験してもらうことで、より素晴らしい目標達成を目指せるよう支援します。

従業員が変化を「体験」できるよう常に努めることで、変化の道のりにおけるどの局面でも非常に大きな影響をもたらし、トランスフォーメーションの成果を向上させます。人を第一に考える姿勢とデジタルの要素を組み合わせることで、絶え間ない変化から次々と生まれる課題に組織が適応し、さらにはメリットを得られるよう、インサイトを提供します。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。