企業不動産アドバイザリーサービス

企業は、コストを最⼩限に抑えるためだけでなく、変わりゆく世代間の⾏動様式や全体的な⽣産性、そして新しい考え⽅をする今⽇の従業員のニーズに対処するために、職場環境の再⽣に取り組んでいます。

EYができること

企業は新しい世代の従業員のニーズに対処し、在宅勤務やパートタイム勤務など、さまざまな働き方があることを認識する必要があります。

新しいアイデアを生み出して具現化し、直ちに実行に移すことは、企業にとってますます重要になっています。知識をベースにした部門間でのコラボレーションは、成功するための重要な要素です。しかし多くの企業では、いまだにオフィススペースが有効活用されていない状況にあります。実際に、職場の多くは著しく柔軟性を⽋いています。上下の関係や部⾨をベースに考えられており、仕切られた個室が設けられていたり、オープンスペースに⼈が詰め込まれていたりします。

EYは、コラボレーション、エンゲージメント、開放性と信頼の文化を支える、より良い職場環境の構築を支援します。未来志向のアプローチを取り⼊れたソリューションにより、職場環境の柔軟性と質を⾼め、オフィススペースを効率化して不動産コストを削減します。そして、⼈、⽂化をソリューションの中⼼に据え、不動産全体最適のアプローチを活⽤して、お客さまの企業不動産を最適化します。