カーボンニュートラルに向けた投資促進税制等適用支援サービス

> 税務

2050年のカーボンニュートラル実現を後押しする施策として、令和3年度税制改正においてカーボンニュートラルに向けた投資促進税制が新設され、企業の将来を見据えた投資を後押しする環境が整備されています。

EYは、専門チームのもと、税制適用判断をはじめ、産業競争力強化法に基づく事業適応計画および申請書などの策定支援、実施状況の当局への報告サポートなど、お客さまのご要望に応じたサービスを提供しています。

EYの強み

EY税理士法人の専門チームはSDGsカーボンニュートラル支援オフィスと連携し、企業のカーボンニュートラルの実現に向けた取組支援を強化しています。

主なサービス

EYでは、カーボンニュートラルに向けた投資促進税制等の優遇を受けるために必要な取組みに対して、総合的なサポートを提供いたします。

  • 税制適用判断

    税メリットの活用にあたっては、カーボンニュートラルに向けた投資促進税制とDX投資促進税制の併用による税メリットの最適化戦略に加え、繰越欠損金特例の活用検討なども含めた多面的な税務検討が必要となります。EYは、これらの企業の判断を総合的に支援します。

  • 認定手続支援

    これら税制の適用に向けては、産業競争力強化法に基づく事業適応計画の申請や計画に基づく実施状況の報告など、長期に渡る税務マネジメントが必要となり、EYの専門家が継続的サポートを提供します。

制度の詳細については経済産業省のホームページもご参照ください。

事業適応計画(産業競争力強化法) (METI/経済産業省)

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。