HRトランザクション・M&A

「ヒト」は、ディールの実行やその後のビジネスパフォーマンスにおいて、最大のコストとリスクになります。 財務リスクの軽減、退職金・年金制度の現状分析、新しい人材の組み込みなどのトランザクションを、「ヒト」の面から効果的にサポートします。

EYができること

「ヒト」に関わるリスク・コストの現状分析

ディールの実行において、「ヒト」は最大のコストとリスクになります。実際に、EYが経営陣を対象に行った最新の「Capital Confidence Barometer」調査では、67%の回答者が「人材獲得について、合併や買収の戦略的ドライバーである」と答えました。ディール後の「ヒト」の統合と管理が、M&Aの成否だけでなく、最終的にはビジネスパフォーマンスにも大きく影響することが、広く認識されています。

また、退職金・年金制度、報酬や福利厚生、その後の潜在的コストなど、M&Aに伴う財務リスクは膨大です。

そこでHR部門のサポートを得て、事前に十分な準備を行えば、組織はかつてないほどの意欲的な働きを見せます。

私たちは、企業分割、買収、ジョイントベンチャーに伴う、「ヒト」に関わる問題解決を支援します。そして、新しい組織の中で、人材を目的に向けて動かし、最良の状態に保つための支援を提供することで、より生産性の高いダイナミックな組織を構築します。

Day1のための準備とポスト・ディールのプランニング

組織横断的なデューデリジェンスを実施し、ファイナンス、IT、オペレーション、税務、HR部門を支援します。

ディール期間中も継続的に行われるナレッジトランスファーをバックアップし、ディール後の統合や戦略的プランニングをサポートします。

ポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)

ディールの目的を果たすために必要な組織構造を明確化し、実行をサポートします。ディール中の各種対応からPMIへの移行をスムーズに進め、いち早く通常運営へと戻します。

ターゲット・オペレーティング・モデルの再構築

M&A後は、オペレーティングモデルを再編する必要があります。これによって新しい組織を統一的かつ連携的に把握でき、戦略を効果的に実行するためのオペレーションプランを明確に打ち立てられます。

私たちは、各部門、組織、テクノロジー、ガバナンスの視点を取り入れた、ターゲット・オペレーティング・モデルの設計・導入をサポートします。 EY独自のアプローチによって、リスクとパフォーマンス指標にフォーカスした、コスト効率が高いモデルを構築します。これにより、継続的な変更に関して、ほぼリアルタイムのインサイトが可能になります。

デジタル時代のM&A:次世代競争を制するHRトランザクション戦略 

EYのHRトランザクションサービスは、対象会社を含む組織横断型のシナジー創出に不可欠な、多様性を活かすグローバルなエコシステムを基盤とした組織運営を目指します。

資料ダウンロード(PDF: 4.5MB)

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。