ファイナンス・コンサルティング・サービス

> コンサルティング

経営環境の急速な変化に伴い企業の課題が複雑化する中で、CFOおよびファイナンス組織はその役割を進化させていくことが求められています。
EYのファイナンス・コンサルティング・サービスは、CFOが長期的価値創出と社会課題解決を通じたサステナブルな成長をリードするためのファイナンス組織としてのケイパビリティ獲得を支援します。

社会経済に構造的な変化をもたらす大きな潮流(メガトレンド)は企業にとってこれまでにない複雑な課題を生み出すと同時に成長の機会を提供しています。そうした中、CFOは従来のような短期的な利潤や効率性の追求にとどまらず、非財務を含めた長期的価値創出をリードし、社会課題解決を通じてサステナブルな成長を可能とする経営を実現することが求められています。

図1


*1 「既存領域の深化」と「新領域の探索」を両立させる経営管理手法
*2 Created Share Value: 共通価値の創造。社会的価値の創出と企業の経済利益活動を同時に実現すること

長期的価値創出と社会課題解決によるサステナブルな成長というCFOの新たなミッション遂行のためにファイナンス組織はそのケイパビリティを大きく転換させ、経理処理や財務報告を正しく行うことにフォーカスした従来のScore Keeperからビジネス視点で事業側の意思決定に参画するBusiness Partnerへとその役割を進化させる必要があります。

図2

この役割の進化を実現するために、さまざまな変革ドライバーを活用してオペレーションコストを削減し、より戦略的な活動に人的リソースをシフトさせるだけでなく、それぞれの役割をステークホルダーに対して高い付加価値を提供するものへと高度化させていくことがEYの考える将来のファイナンス組織への変革のアプローチです。例えば、全体の工数を100としたときに、デジタルトランスフォーメーション(DX)などを活用して現在の機能に必要となる工数を50まで削減させ、戦略的な育成や採用により確保したファイナンス人材をより高度な機能に配置することで、工数規模としては80程度となるように組織のスリム化と高付加価値化を実現させるといったイメージです。

図3

EYのファイナンス・コンサルティング・サービスは、その変革のための戦略策定からプロセス、オペレーティングモデル、データ・テクノロジー、人材の高度化・最適化に至るまでファイナンス組織の変革に対して包括的な支援を行います。

図4

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。