内部監査

> コンサルティング

組織・企業の価値を守り、そこで働く経営者と従業員の皆さまが安心して職務に専念できるよう、適切な環境を作ることが必要です。そのため、外部環境・内部環境の変化を適切に捉え、多種多様なリスクを把握し、それらへの対応環境を検証する内部監査の重要性が増しています。私たちはDXとテクノロジーを活用した内部監査トランスフォーメーションを通し、内部監査の新たな価値を創造します。

内部監査

EYができること

私たちは、DXの時代において革新的な内部監査・内部統制サービスの創出や提供に向け、柔軟な変革力でマーケットに貢献するリーダーの1社です。「経営に資する監査」を実現するため、市場で起きるイノベーションを取り込み、クライアントが真に求める内部監査を追求し、クライアントが抱える不確実な要素を軽減するためのサービス提供に取り組んでいます。

企業の大小や業態、ロケーション、成熟度を問わず、内部監査のコソーシング(共同業務実施)、監査機能の高度化、経営監査など、新たな監査テーマへの対応には、柔軟に監査規模を調整することが可能です。費用対効果、リスクカバレッジの拡大、価値の向上のバランスを最適化し、将来の理想像の実現に向けて支援いたします。

EYの内部監査サービス

内部監査トランスフォーメーションサービスは、戦略、施策の診断から、デジタル化や価値の向上にフォーカスしたトランスフォーメーションロードマップの策定まで、「経営に資する監査」に幅広く対応しています。

クライアントとの連携に当たり、私たちはIA Disrupted by Designによるサポートに重点を置いています。これは、内部監査全体(人材、プロセス、テクノロジー)のトランスフォーメーションにより、信頼関係を構築または維持するというアプローチです。

また、リスク環境が急速に変化する中、マネージドサービスとして内部監査の企画から実行まで包括的支援を行い、内部監査と経営戦略の整合に役立つ新しいソリューションを提供します。

EYのグローバル内部監査手法の特徴

  • 内部統制とリスクについてより幅広い視点を提供するオートメーション
  • 広範な専門家ネットワークと画期的なソリューションから導き出す、新たなリスクに関する知見
  • リスクの識別・情報収集プロセスを強化する、リスク評価・コラボレーションツール
  • リアルタイムのベンチマーキングやナレッジ共有を可能にする業界およびプロフェッショナルネットワークとツール

信頼感を醸成し、確信を持って企業を成長に導ける内部統制・内部監査部門の構築と維持をEYが支援します。

 

ビジネスミーティング

機能しているものを変えるべきタイミングは?

内部監査は、トランスフォーメーションを通じて信頼をどう構築できるのでしょうか?

詳しく知る

  • 内部監査のコソーシング・アウトソーシング

    内部監査のコソーシング・アウトソーシングは、内部監査の役割と責任を果たすため、内部監査の実施と、ビジネスパートナーに対するリスクと統制の観点から、価値の提供についてステークホルダーを支援するために考えられたサービスです。組織の目標と戦略に基づくアプローチによって、内部監査のビジョン達成、さらにビジネスを支える内部監査の持続的な実施をサポートします。

    EYの内部監査手法では、デジタルを駆使したソリューションを活用し、より的確にリスクを洞察します。EYのプロフェッショナルは、ビジネスおよびそれに伴うリスク、例えばテクノロジー、オペレーション関連、そして新たなリスクとして風評被害や財務などを含む、ありとあらゆる側面について効果的な監査を実施しています。また、調査や監査委員会、トップマネジメントからの要望など、特別な要請に基づく監査やレビューも行います。

    詳しく見る

  • 内部監査品質評価

    内部監査品質評価では、クライアントの内部監査の客観的評価を行い、内部監査の役割と責任を明確に定義し、それを果たしているか、内部監査の業務効率、ステークホルダーの期待に応える監査報告が行われているかなどについて提言を行います。

    評価では、ベンチマーキング、テクノロジーを活用したサーベイなども取り入れ、内部監査の戦略の理解と将来に向けたビジョンの構築をバックアップします。また、評価の一環として、Institute of Internal Audit (IIA:内部監査人協会)が定める基準との適合性も確認します。

    詳しく見る

  • 内部監査トランスフォーメーション

    内部監査トランスフォーメーションサービスでは、内部監査の将来ビジョンの実現に向けて、デジタルの活用を想定した内部監査戦略、ロードマップなどの再構築を行います。内部監査トランスフォーメーションは、テクノロジーを活用した一連のイニシアチブで構成され、内部監査部門が組織や事業環境に起きている変化に対応できるようサポートします。変革後の内部監査戦略は、内部監査を進化させ、ビジネスニーズに応えます。現在直面しているリスクへの対応と、将来のリスクへの対応に必要なこととの間に存在するギャップの解消をサポートすると同時に従業員の意欲を高め、変化のための積極的な取り組みを促します。

    次のような内部監査部門の課題にお応えします。

    • 経営に資する監査(より高い戦略的価値を取締役会や経営層のステークホルダーに提供する)を導入する
    • テクノロジーを活用したソリューションを活用する
    • 内部監査の役割と責任を果たすための活動を行う
    • (内部・外部)リスクに関してより精度の高い知見を提供する
    • セクターに関する知見を提供する
    • より幅広いリスクをカバーする
    • ビジネスへの貢献の観点から、費用対効果を高める
  • 内部監査SOX法統制テスト

    EYは統制環境の合理化と改善をサポートし、テクノロジーの活用によって労力を抑えながら、最適なリスクカバレッジを可能にします。また、マネジメントに代わり、US-SOX、J-SOXなどの法規制に基づく財務報告に係る内部統制のテストを支援します。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。