税務当局のデジタル化に対応したサービス

新しいデジタル技術の出現に、多くの企業が対応しきれない状態になっています。世界中でますます多くの税務当局がテクノロジーを活用してより迅速かつ客観的に徴税、検証、調査、評価を行うようになる中、EYのデジタル・タックス・アドミニストレーション・サービスでは納税者がそれを乗り切るお手伝いをします。

EYができること

リソースには限界がある中で、税収不足解消への要求が高まっていることを受け、世界中の政府がテクノロジーやアナリティクスの能力を急速かつ着実に高めています。税務当局は徴税や納税者データの詳細な分析をリアルタイムまたはほぼリアルタイムで行える高度なデジタルプラットフォームを活用しており、それを取引レベルで利用することが増えています。元となるソースデータと関連する税務申告の相互参照、ますます高度化するアナリティクスを通じたデータの実行、他の税務当局、時に他国の税務当局とのデータや知見の共有などが、その一例です。

そんな中で、焦点は納税申告からデータそのものに移ってきています。

複数の国や地域への数々のデータ転送に対する認識や監視を欠いていると、追加税務調査、追徴税の上乗せ、還付の遅延などのリスクにさらされる可能性があります。EYの一連のデジタル・タックス・アドミニストレーション・サービス(DTAS)では、レディネスギャップを埋め、これらの新しい報告要件に効果的に備え、それらを実施、管理するお手伝いをします。税務当局のデジタル化に備えておくことは、現在の、そして将来のビジネスにとって有益なものになるでしょう。

南国の島の高台で一人旅

2020 Tax Technology and Transformation Survey report

多国籍企業最大手100社を対象とした2020年の調査では、データと技術のギャップを埋めるために税務部門が多額の投資を行っていることがわかりました。

詳細を表示(英語版のみ)

 

 

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。