デジタル・タックス・エフェクティブネス(デジタル時代の効果的な税務)

> 税務

EYのデジタル・タックス・エフェクティブネス・プラットフォームでは、税務の特殊分野を相互に関連付けた一連のサービスを提供します。また、貴社のデジタル・ビジネスの中核目標に沿って、税務の有効性やリスク削減に向けた戦略を練り上げます。

EYができること

コネクテッドエコノミー(経済活動がつながること)により、実質的に全ての産業でデジタル・トランスフォーメーションが進み、その影響はほぼすべての企業に及んでいます。

新しいビジネスモデル、グローバル化の速度、産業の融合、形を変えながら極めて複雑化している租税および税制の現状といったトレンドを要因として、デジタル経済は機会を提供しています。その一方で、税務問題や中核的な法務問題が見過ごされた場合には、多大な財務リスクをもたらします。

EYのデジタル・タックス・エフェクティブネスで採用しているアプローチでは、企業のデジタル化をサポートする税務戦略を可能にする一方で、投資を不確実性から守る支援を提供します。

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。