税務テクノロジーとデータ

テクノロジーは、税務がグローバルなデジタル経済の要件に応えるため、新たなデジタル税務の作業を定義して支えています。税のビッグデータ管理により、効率的なコンプライアンスが可能となり、戦略的なビジネスの意思決定を円滑に進めることができます。

EYができること

コネクテッドという言葉は、もはや当たり前になりました。同時に、この言葉が今ほど税務部署にとって重要となったことはありません。デジタルディスラプションによって世界中が相互につながり、顧客とクライアント、企業と税務当局、税務部署と株主が関連し合い、新たな関係、ビジネス、業務モデルが形成されています。世界はハイパーコネクテッドなグローバル経済へと進んでいます。

税務は急速にデジタル化しています。そのため、貴社の組織においても、ディスラプティブなテクノロジーやデジタル化された規制標準、財務情報の報告や交換などに対応しなければなりません。

Connected Taxは、このディスラプションにおいて利点があります。これは税の新たなパラダイムであり、あらゆる企業規模の税務部署が価値を生み、コストを管理し、リスクを緩和できる、一元的でガバナンスの効いた簡潔な税務データ環境により支えられています。

EYのTax Technology and Transformation (TTT)ネットワークは、急速なイノベーションの中で舵を取り、データの潜在能力を活用し、未知の問題やリスク、新たな機会への対応を支援するために編成されました。EYは1,000人を超える税務変革やイノベーション、テクノロジーの専門家を結集し、小規模な改善から大規模な変革まで、貴社がConnected Taxで業務戦略を計画・実行するための支援を提供します。

南国の島の高台で一人旅

2020 Tax Technology and Transformation Survey report

多国籍企業最大手100社を対象とした2020年の調査では、データと技術のギャップを埋めるために税務部門が多額の投資を行っていることがわかりました。

詳細を表示(英語版のみ)

 

 

ハンドバトンサンイメージ

EYとトムソン・ロイターの連携

EYとトムソン・ロイター社の新たな連携により、税務テクノロジー「ONESOURCE」をクライアントの皆さまにご提供します。

 

詳しく知る

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。