税源浸食と利益移転(BEPS)

「税源浸食と利益移転」の枠組みが経済協力開発機構(OECD)によって策定、実施されたことを受け、企業には事業の再評価が求められています。EYは、この新しい環境において求められる持続可能な税務フレームワークの策定をサポートします。

EYができること

経済協力開発機構(OECD)による「税源浸食と利益移転(BEPS)」プロジェクトは早くも実施の段階となり、状況は根本から変化しています。この新しい環境において企業には、事業構造や財務構造を再評価し、コミュニケーション戦略を明確化し、税務戦略を評価することにより、持続可能な税務フレームワークを策定することが求められます。

EYでは、グローバルネットワークを活用しながら、高度な実務経験や企業に特化した税務アドバイザリー機能を組み合わせて提供することで、貴社の事業に潜在するBEPS上の弱点を評価し、新しいグローバルな税務意識に沿ったビジネスモデルや事業構造を作り上げるための計画策定をサポートします。

BEPSについての最新情報

EYの月次報告書「The Latest on BEPS and Beyond」にアクセスすると、BEPSに関連した世界・地域の政策動向、ならびに各国における実施状況について、最新情報をご覧いただけます。このほか、「The Latest on BEPS and Beyond : a 2020 review」では、2020年1月1日~12月31日におけるBEPSの15の行動に関わるOECDと各国の動向についてまとめるとともに、EUのBEPS関連の活動も取り上げています。

  • OECDのBEPS防止措置実施条約

    BEPS防止措置実施条約(MLI)によって、各国はBEPS防止措置のパッケージから、ミニマムスタンダードをはじめとした租税条約に関連する措置を速やかに導入することが可能となっています。MLIは、現時点で90を超える国・地域によって署名されており、クロスボーダーの課税分野において史上最も重要な変革をもたらしています。事業構造、取引、そしてビジネスモデルそのものにも影響を与え得るものであり、条約の解釈や適用に関して大規模な係争が生じることが予想されます。

    EYの外部MLIツールを利用する

BEPS

「税源浸食と利益移転(BEPS)」に関するOECDのプロジェクトや、各国ですでに始まっているBEPSを主体とした進展について、常に最新情報を把握できていますか。

詳細を表示

2019年移転価格・国際税務調査報告

大規模な変更、透明性の高まり、税務係争の激化による重要な事業部門の再構築についての洞察と分析です。

詳細を表示

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。

メールで受け取る

ニュースレターで最新情報をご覧ください。 

登録する