間接税プランニング

間接税は多くの国において日常生活の一部となっていますが、新たなテクノロジーの登場と国際貿易の拡大により、さらに複雑化しています。

EYができること

グローバルに統合されたEYの間接税サービスチームは、間接税のライフサイクル全体を通じたスムーズで一貫的なサービスを提供します。

国際貿易、付加価値税(VAT)・物品サービス税(GST)、関税、保険料税から環境税・物品税まで、現在の、そして潜在的なクロスボーダーの問題に、クライアント企業が効果的に対応できるよう支援します。また、貴社が世界各国でコンプライアンスを順守し、事業目標を達成できるようサポートします。

主なサービス

  • ストラテジックインダイレクトタックスレビュー

    サプライチェーンの構築において関税面の全体最適を目指す

    すでに関税対策を部分的に実施している企業は多く見受けられますが、そのほとんどの企業が関税対策を各国法人に任せている関係から、連結ベースでは必ずしも最適な対策とはなっていないケースが多々あります。

    EYのストラテジック・インダイレクト タックス・レビューでは、企業のグローバルサプライチェーンにおける原料調達から完成品輸入までの一連の流れを、本社の視点からレビューし、サプライチェーン上に残存する関税節減機会を抽出します。これにより、関税面の全体最適を実現したサプライチェーンの構築へ向けサポートします。

    PDFをダウンロードする

間接税制の展開への対応

EYがお届けする世界各国の間接税に関する情報は最新のソートリーダーシップ・レポートでは、世界各国の間接税に関する情報だけでなく、なぜ税務当局にとって間接税が採用しやすい税とされているのかなどについてのインサイトも提供しています。@EY_Tax

詳細を表示

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。