人材・組織

人材そのものを変えますか?それとも、人材の働き方を変えますか?

これまでの価値観を覆すような変化によって労働環境が変わり続ける中、企業は急速な変化に適応できる体質に進化する必要があります。と同時に、コストを抑えながら優秀な人材を獲得し、管理し、意欲を高め、維持することがますます難しくなる時代に、人材に対して柔軟性と機敏性を求めなければなりません。

EYのピープル・アドバイザリー・サービスチームは、経営・事業戦略における人材アジェンダを実現する、言い換えれば、真の意味での適材適所(適した能力を持つ適材を適したコストで適所に配置し、適した活動に従事させること)を通じた競争力の獲得をサポートします。

メールで受け取る

ニュースレターで最新情報をご覧ください。 

登録する

エンタープライズ・レジリエンス・フレームワークで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)危機を乗り越える

人材と労働力は、エンタープライズ・レジリエンス構築のためのフレームワークを構成する9つの重点分野のうちの1つです。現在から次へ、そして新型コロナウイルス感染症を乗り越えたその先の将来のために、人材と労働力にはどのようなアクションが必要か、チェックリストをご確認ください。

詳しく知る

拍手している女性

テレワークで成果を最大化させる方法とは

対面よりもコミュニケーションにストレスがかかるテレワークにおいて、どのようにすれば成果を最大化できるでしょうか。

詳細ページへ


人的資本価値経営時代に求められる新たな組織・人材マネジメント

大変革時代に組織・人事の観点からどのような価値を提供すべきか、コンセプトレベル(フレームワークや方法論)やデジタル/テクノロジー関連の解説にとどめず、先進的な取り組みの事例を交え、実務家レベルで、職場で実際に活用できる指針となるよう解説しています。

資料ダウンロード(PDF: 6MB)

拍手している女性


エンプロイーエクスペリエンスのギャップを解消する方法とは

人事部門と従業員の認識を一致させ、エンプロイーエクスペリエンスの向上とビジネスのさらなる成功を実現する

資料ダウンロード(PDF: 3.8MB)

ピープル・アドバイザリー・サービス 

デジタル時代だからこそ人のチカラで未来を変える。EY Japanにおけるピープル・アドバイザリー・サービスの全体像をご紹介します。

資料ダウンロード(PDF: 2.2MB)

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。