Forensic&Integrity Services

インテグリティアジェンダの実現をサポートします。 

成功している企業は、約束を守り、法律を尊重し、倫理的に行動するというレピュテーションを得ることによりステークホルダーの信頼を維持しています。EYのForensic & Integrity Servicesは、各分野のプロフェッショナルが企業とその財務的なレピュテーションを守り、回復させるお手伝いをするサービスラインです。企業や企業の顧問弁護士に対して、事実を調査し、紛争を解決し、規制上の課題を管理するサポートをします。また、コンプライアンスプログラムの中心にインテグリティを据え、倫理やレピュテーションに関わるリスクをより良く管理するための支援をします。

インテグリティへの取り組みとは、「有言実行」し、確実に責任を果たすことです。これにより、優秀な人材の採用や、事業拡大に必要なスキルを持つ人材の確保が容易になります。近年は、目的主導型の組織に高い期待を寄せる人材が多いため、インテグリティを基盤とした組織づくりが重要です。また、サプライヤーとの強固なパートナーシップを構築し、従業員や投資家、規制当局、インフルエンサーとの関係をより効果的なものにする上でも役立ちます。私たちは、ガバナンスや内部統制、企業文化、データインサイトといった弱点や課題のある分野を強化することから、組織全体の設計と構造づくりに至るまで、統合的なアプローチを展開しています。

寄稿記事

Forensic&Integrity Servicesに関するEY Japan の寄稿記事を紹介します。
これまでの寄稿記事は、 こちらをご覧ください。
「自己改革」で価値観から変える! 会計DXの進化  データアナリティクスを活用した不正リスクモニタリング

会計分野においても、不正リスク対応に係るデータアナリティクス(DA)が、不正調査のみならす、昨今の会計監査や企業の不正リスクモ二タリングにも活かされている。これらの経験を踏まえ、本稿では、企業のDAを活用した不正リスクモ二タリングの実例や導人にあたっての実務上の留意点、今後の展望について論ずる。(企業会計2021年10月号)

ゲスト編集者 荒張 健

EY Japan Forensic&Integrity Services Leader

EY Japan Forensicsのリーダー。組織が誠実性のアジェンダを設定し、リスクを予測し最小化することを支援。

関連ウェブキャスト

※動画を閲覧する際は、画面を最大化してご覧ください。
How to meet the eDiscovery challenges without the Privacy Shield

このウェブキャストでは、パネリストがプライバシーシールドと裁判所の判断について議論します。
(日本語字幕付き 再生時間:58分)

 

How to navigate the new data landscape in eDiscovery

このウェブキャストでは、パネリストがeディスカバリーの課題に関連するデータタイプについて議論します。
(日本語字幕付き 再生時間:59分)

 

関連セミナー・イベント・ウェビナー

Forensics インサイト

Forensics のサーベイやコンプライアンス関連の規制などをご紹介します。

詳しく知る

緊急相談窓口

該当する支援内容のフォームよりお問合せください。
不正調査
サイバーインシデント/
デジタルフォレンジック
e ディスカバリー

 

EY Integrity Agenda infograph

インテグリティに関するEYのアジェンダ

成功する企業に必要なのは、約束を果たし、法律を尊重し、倫理的な姿勢を示すことでレピュテーションを守り、ステークホルダーの信頼を維持することです。

 

EY Forensicsのプロフェッショナルが、財務的な信用やブランドのレピュテーションの保護、回復をお手伝いします。資本市場と世界経済の中で信頼とレピュテーションを構築するために、私たちのインサイトと質の高いサービスをご活用ください。

 

EYの優れたテクノロジー、深い専門知識、幅広いセクターにおけるグローバルな経験がもたらすメリットを提供します。

パンフレットをダウンロードする  

人間の知能と人工知能を融合させたバーチャル画像

EYバーチャル

人と機械のインテリジェンスを統合する次世代のフォレンジック・データ・アナリティクス・プラットフォーム

詳細を表示

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。