スポーツビジネス

      Sports Power the Community

      • Facebook
      • LinkedIn
      • Twitter
      Sports Power the community 4つのフォーカスエリア

       

      Sports Power the Community 4つのフォーカスエリア - 1.人づくり
      Sports Power the Community 4つのフォーカスエリア - 2.場づくり
      Sports Power the Community 4つのフォーカスエリア - 4.ルールづくり
      What EY can do
      What we can do - Contents コンテンツ価値創出/最大化
      What we can do - Public 政策支援/社会課題解決
      What we can do - 企業の競争力向上/企業課題解決

      人づくり

      Women Athletes Business Network (WABN)

      EYでは女性アスリートが競技引退後に、起業を含むビジネス分野への挑戦やキャリア転換のサポートを行うプログラム「Women Athletes Business Network (WABN)」を推進しています。

      詳しくはこちら

      人づくり ―イメージ写真
      場づくり・コトづくり ―イメージ写真

      場づくり・コトづくり

      スポーツビジネス

      EYのスポーツビジネスでは、「スポーツ価値循環モデル」を掲げ、スポーツ団体や地域コミュニティ・地方自治体、国家と連携することで地方創生や社会課題の解決に取り組んでいます。
      EYが有するデジタルプラットフォームを基盤に、地域コミュニティや地方自治体、行政に対してデータマネジメントやプロパティマネジメント・補助金マネジメントなどの多面的なサポートを行うとともに、持続的なスポーツビジネス創出を目指します。

      詳しくはこちら

      ルールづくり

      スポーツ・インテグリティの強化

      インテグリティとは、⾼潔さ・品位・完全な状態を意味する⾔葉です。
      ビジネス界におけるコーポレート・ガバナンスと同様に、スポーツ・インテグリティを高めることで、安⼼してより多くの社会的な資源をスポーツに投資することが可能になります。
      それによりスポーツがさらに社会の成⻑や課題解決に貢献し、その結果またスポーツへの投資が⾏われるような好循環を⽣み出すことを目指します。

      詳しくはこちら

      ルールづくり ―イメージ写真

      関連記事

      スポーツによる価値循環モデル
      EYストラテジー・アンド・コンサルティング(株)
      岡田 明

      熱量の高いコンテンツであるスポーツは産業としてだけではなく、地方創生や教育を活性化する切り札となる可能性を有しています。スポーツビジネスだけでなく多方面の触媒となるスポーツの価値とエコシステムを考察します。
      (情報センサー2021年7月号)

      *「情報センサー」は EY新日本有限責任監査法人が毎月発行している定期刊行物です。国内外の企業会計、税務、各種アドバイザリーに関する専門的情報を掲載しています。詳しくは、こちらをご覧ください。

       

      スポーツ起点のエコシステムが 地域の新しい未来を創る
      EYストラテジー・アンド・コンサルティング(株)
      岡田 明

      スポーツを考えるとき、発育や体を鍛えるという体育的な発想がいまだに根深く、エンタテインメントとしての楽しみ方や、利益を生む主体としての見方は根づいてきませんでした。そこに今、徐々にですが変化の波が押し寄せています。スポーツコンテンツを起爆剤として、持続可能な社会的・経済的システムを創出しようとする次の世代の動き。地方創生の新しい姿が日本でも多く形をなそうとしています。
      (EYストラテジー・アンド・コンサルティング採用情報サイト EYSC Blog)

      今スポーツテックが熱い! -スポーツビジネスを支えるスポーツテックとそれを巡る若干の法律問題
      EY弁護士法人
      越知 雄紀

      ラグビーW杯や東京オリンピックを控え、スポーツビジネスも盛り上がっていますが、これにはスポーツテックの浸透も一役買っています。本稿では、盛り上がるスポーツビジネス・スポーツテックに関し、ぜひ知っておきたい法律問題を概観します。
      (情報センサー2019年6月号)

      お問い合わせ

      より詳しい情報をご希望の場合はお問い合わせください

      お問い合わせ