ステークホルダー 価値を守る

> ストラテジー・アンド・トランザクション

企業が業績不振や流動性不足に陥った、あるいは企業価値の目減りが生じたときにおいては、ステークホルダーは素早い対応を求められます。私たちは、複雑で困難な状況下でリーダーシップを発揮して、問題点を速やかに整理し、解決案の策定支援および実行支援を行い、最良の結果に導きます。

EYができること

私たちは全てのステークホルダーと協力し、以下のことを通じて企業価値の保全・創出・実現を図ります。

  • リストラクチャリングに関する助言:レンダーとの交渉、コベナンツのリセット、リキャピタリゼーション、資本調達、債務・株式の交換、ディストレスM&AまたはアクセラレイテッドM&A、および法的整理・私的整理を含むその他の特殊な状況について助言します。
  • 企業の事業継続性に関する客観的分析:ビジネスレビューを含む、最新のデータアナリティクスを用い、業績不振の原因を突き止めます。また、事業価値が減少した場合は、信頼性の高い客観的な「ファクトパック」を策定致します。これは、情報の質や透明性への懸念という点ではなく、企業の抱える問題の焦点を絞る上で役立ちます。
  • ステークホルダーとの仲介:内外に複数のステークホルダー(債権者、レンダー、従業員、組合、サプライヤー、顧客、規制当局、および株主を含む)がいる場合、優先事項や契約上の権利はそれぞれ異なり、時にコンフリクトが生じます。安定的にコンセンサスの確保を図るためには、このギャップを埋め、信頼を築き、選択肢に関して合意を形成することが非常に重要です。
  • オプション分析:取り得る選択肢の範囲と効果を整理することは、限られた時間の中でリスクを緩和し、価値を保全する方法をステークホルダーに伝えることにつながります。
  • 事業体プライオリティ分析:私たちは対象グループの企業構造、財務的構造、事業体制と併せて法的整理における影響を分析することによって、ゴーイングコンサーン取引から清算に至るまでの価値のフローを、ステークホルダーが理解できるように支援します。これにより、さまざまなシナリオ(法的整理と私的整理を含む)の下で清算価値分析が行われ、継続的なエクスポージャーと投資に関する決定の参考にすることができます。

ウェブキャスト:持続可能な成長のために変革する

再生する

お問い合わせ

より詳しい情報をご希望の方はご連絡ください。